この星の格闘技を追いかける

【AJJC2018】フェザー級優勝は、ダントツの強さを見せたパン柔術茶帯覇者コール・フランソン

Franson【写真】茶帯のパン王者、強かった!! 頭一つ以上、抜けていたコール・フランソン(C)MMAPLAET

7日(金)から9日(日)まで東京都足立区の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジア柔術選手権2018」。日本最大の国際トーナメント、アダルト黒帯決勝戦をレポート。第3回はフェザー級のファイナルの模様をお届けしたい。


<ライトフェザー級決勝/10分1R>
コール・フランソン(米国)
Def.15-0
大塚博明(日本)

初戦で世羅智茂を絞めで破った今年のパン柔術・茶帯フェザー級優勝、チンギーニャ柔術所属のコール・フランソンが、準決勝で昨年のアジア優勝の八巻祐を50/50で封じ込め、ポイント0-0、アドバン0-0ながらレフェリー判定で勝利した大塚博明と決勝で対戦した。

01両者がガードを取り、互いにルーチが与えられ序盤。仕切り直し後も同時に座ったところで、立ち上がったフランソンにアドバンが入る。

帯を掴んでガードを取ろうとした大塚に対して、フランソンはパス狙いから素早い動きを見せて肩固めへ。そのままマウントを取ったフランソンはパス、マウント、ニーインで9Pを獲得する。

02序盤の2分で大量リードしたフランソンがサイドで抑える展開が続く。足を取りに行く大塚を潰し、サイドのままマット中央で再開。マウントを狙いつつ、大塚の動きに合わせて上四方、サイドに戻り腕十字を仕掛けたフランソン。

大塚は後方回転で上を取るが、十字が抜けず足を抱えられて前方に回転させられスパイダーウェブに戻される。

03腕十字狙いで抑え込みを続けるフランソンは、大塚が足を頭で越してくる動きに合わせてバックマウントへ。4Pを追加したフランソンは正座し腕を掴んで前方に落とし来られても、巧みな重心移動で四の字フックでバックを維持する。

04カラーチョーク狙いを左へ4回転し回避した大塚だが、これが場外逃避とみなされさらに2Pを失う。

残り1分、シッティングのフランソンはリバースデラヒーバからバックを取りに行くが、寝転がって防いだ大塚がズボンを取ってバックを狙う。

腰をずらして逃げ切ったフランソンがタイムアップを迎え、2018年のアジアを制した。

■フェザー級リザルト

優勝 コール・フランソン(米国)
準優勝 大塚博明(日本)
3位 八巻祐(日本)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY