この星の格闘技を追いかける

【UFC228】ディエゴ・サンチェスがヒザ蹴り、ギロチン、パンチでダウンもひたすらTD&パウンドで大勝

<ウェルター級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
クレイグ・ホワイト(英国)

試合開始直後に突進し、パンチを見せて組みにいったディエゴをホワイトがギロチンで捉える。そのままスラムして頭を抜いたディエゴに対し、ガードを取ったホワイトが蹴り上げる。ガードの中に納まりパンチを落とすディエゴがパスへ。ホワイトが足を戻しても、ガードが割れるとパスを狙いつつ、思い切りパンチを打ちつける。パスからマウントを取ったディエゴは、サイドイ戻って右のアッパーを当てる。クルスフィックスは逃げたホワイトだが、パンチとエルボーを落とされる展開のなかで初回終了を迎えた。

2R、左眉をカットしているホワイトは、ディエゴのシングルを受け止めてヒザを顔面に突き上げる。その蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪ったディエゴが、初回と同じように蹴り上げを受けて姿勢を低くする。蹴り上げを恐れず、足を捌いてパンチを落としているディエゴは顔に幾度となくアップキックを被弾しながら、パンチを落としてパスに成功する。

逆マウント上体でホワイトの頭の上に座ったディエゴは、ガードに戻されてもすぐに足を抜き、重い鉄槌を打ち込む。ケージを蹴って逃げようとしたホワイトの顔の上にまたも座ったディエゴがこの回もドミネイトした。

最終回、左を当てたディエゴにハイキックを入れたホワイトがパンチを当てるが、シングルでトップを取る。ガードのなかでパンチ、エルボーを落とすディエゴはホワイトの足の間から、パンチを連打し、肩にヒザ蹴りを見舞っていく。一方的に攻め続けるディエゴはサイドで抑えると、クルスフィックスへ。ここだけは譲らず腕を戻すホワイトだが、足も戻してクローズドガードを取る。

直後にエルボーを乱打したディエゴは、蹴り上げをガードしてトップを抑える。最後までエルボーを打ち下ろし、左右のパンチを振るったディエゴは、タイムアップと同時にドヤ顔で両手を広げた。結果は3-0の判定勝ち、最後のTUF01出演者は力強い雄姿を見せてくれた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY