この星の格闘技を追いかける

【TUF27】体重オーバーのマルケスとの接戦を制したデキリコ、ブーイングにも「食べ過ぎだ」とチクリ

<190ポンド契約/5分3R>
アレッシオ・デキリコ(イタリア)
Def.2-0:29-28.29-28.27-30
ジュリアン・マルケス(米国)

マルケスの計量失敗でキャッチウェイト戦となった一戦。サウスポーのデキリコが左フック。前に出て来たマルケスに左ストレートを当てて、左ハイを狙う。マルケスは右フックをヒットさせると、デキリコは右回りから左ミドルを蹴り込む。さらに左ミドルハイを放ったデキリコが左に続き、右フックを当ててマルケスの動きが止まる。

攻め急がないデキリコに対し、マルケスがワンツーで前に出る。デキリコは左フックを狙い、ミドルにつなげる。オーソに構えたデキリコの顔面をマルケスの右が襲い、慌ててサウスポーに戻す。マルケスは右ハイから前に出る。テイクダウンに出たデキリコはギロチンを抜いてトップへ。すぐにスクランブルから立ち上がった両者、今度はマルケスがダブルレッグを狙ったがデキリコも譲らず互角の初回が終わった。

2R、右ミドル、ローを蹴ったマルケスが右ストレートに続き、後ろ回し蹴りを繰り出す。バックを取り損ねたデキリコに圧力を強めるマルケスが右アッパー、蹴りをキャッチしてボディを打ち抜く。押され気味のデキリコはスピニングバックフィストに組みついてバックを取るが、マルケスは胸を合わせてギロチンへ。強烈な勢いで絞めあげるマルケスに対し、アウトサイドトリップでバランスを崩させたデキリコが難を逃れる。

離れて右ハイと右ローを交互に繰り出すマルケスの左ミドルに組みついたデキリコがテイクダウンに成功する。頭を押すマルケスのバックに回ろうとしたデキリコ、スリップして前方に落ちてしまう。すぐに立ち上がったデキリコはパンチを被弾しながら、ダブルレッグへ。キムラクラッチのマルケスはここを支点にバックに回り腕十字を狙う。

まるで軽量級のような動きを見せたマルケスだったが、腕を抜かれるとバックを許し後方から殴られる。動きが止まったマルケスが立ち上がったところで2Rは終了を迎えた。

最終回、デキリコが左ミドルを入れる。マルケスは右アッパーで踏み込み、その後も前に出るがスピードは落ちている。左ミドルを続けるデキリコ、ボディへの動きを嫌がったマルケスが構えを変え、すぐにオーソに戻す。マルケスがスタンスを変えると、デキリコも変えるという展開のなかで、マルケスが右を当てて前に出る。印象点を稼いだマルケスに対し、デキリコは待ちの姿勢を続ける。

残り2分、デキリコが左ストレートを当て、マルケスは右ミドルから右を打ち込む。ダブルレッグを決めたデキリコはバックに回り、キムラ狙いのマルケスが後方へ投げを打つ。一回転してスタンドに戻ったデキリコが、マルケスをケージに押しこむ。ボディロックテイクダウンを決めたデキリコだが、すぐに立ちがったマルケスがパンチを振るいつつ前に。デキリコは左ミドルを当てて下がり、後ろ回し蹴りへ。続くスピニングバックフィストに、マルケスは左右のフック。ここで試合はタイムアップとなった。

初回は本当に判断が難しいラウンドとなり、2Rと最終回も一進一退──果たして──ジャッジは、スプリットでデキリコの勝利を指示した。ブーイングを受けたデキリコは、「彼は本当のウォリアーだけど食べ過ぎなんだよ」と体重オーバーにチクリと釘を刺した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY