この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep01】カーティス、ラリーを横蹴りで鮮烈KO。直後にアルヴィーにスタナー決める

<ウェルター級/5分3R>
クリス・カーティス(米国)
Def.3R1分37秒by KO
ショーン・ラリー(米国)

左ジャブを伸ばすラリー、サウスポーのカーティスは右ジャブから左を放つ機会を伺う。パンチを見せつつ前に出るラリーにカーティスが左ボディアッパーを打ち込む。ラリーも左を当てるが、カーティスはパンチをブロックし、ヘッドムーブでかわして間合いを測る。右アッパーに続き、左ストレートをカーティスがヒットさせる。既に流血のラリーは右から左オーバーハンドを放つ。互角の手探り戦は、カーティスの圧力がラリーを上回ったか。

2R、カーティスが左ショートを当て、右ジャブから左ストレートにつなげる。ラリーの右オーバーハンドをダッキングでかわしたカーティス、ブロッキングを駆使するなど、ボクシングマッチを続ける。ラリーは左ジャブから右アッパーを狙うが、直後に左を受けて腰が落ちる。ラリーはアッパーを返したが、カーティスは左ストレートを当てる。

左ボディアッパーを打ち込み、数よりも精度の高さでダメージを与えるカーティスの右ジャブを受けたラリーが右フックを打ち返す。カーティスはジャブが届かせ、肩でラリーを押してボディアッパーをクリーンヒットさせた。

最終回開始直後にラリーがガードの上から右ハイを蹴っていく。さらに右ミドルを入れたラリーに、カーティスが左ボディを決める。左を放って前に出たラリーに、カーティスは左の横蹴りのようなキックで顔を打ち抜く。この一発で試合を決めたカーティスは、勝者コールのあとにセコンドのサム・アルヴィーにスタナーを決め、「僕は柔術、レスリング、ダンスなんでもできる。オハイオのボクシングの街で育ったんだ、ボクシングだってできる。トリックキックで勝てるというコーチの言葉を信じた。もう30歳だ、MMAで栄光を掴みたいんだ」と興奮した様子で話し続けた。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF