この星の格闘技を追いかける

【ACB71】巨強──と思いきや、意外と脆さもあったバゴフがバチスタを下す

<ライト級/5分3R>
アリ・バゴフ(ロシア)
Def.5-0:30-27.30-27.29-27.29-27.29-27
エルジソン・バチスタ(ブラジル)

飛び前蹴りから左ハイを見せ、バランスを崩してもなお蹴りでプレッシャーを当ててダブルレッグでテイクダウンを決めたバゴフ。ケージを背にして、両足を跨がれた状態でパンチを浴び続けるバチスタは、立ち上がることができない。パンチを続け、アップキックから立ち上がったバチスタのバックに回り込んだバゴフは、背中を伸ばすRNCを仕掛ける。

うつ伏せから仰向けになったバゴフは後方からパンチを入れてRNCの機会を伺う。バチスタは一気に胸を合わせて右エルボーを連打する。足を払ってパンチを狙うバチスタが、トップに収まり初回が終わった。

2R、圧力を掛けるバチスタだが、バゴフは尻餅をつくようなダックアンダーからバックに回って絞めを狙う。右腕が喉元に入っても耐えるバチスタに対し、バゴフは左腕を差し込む。右手の手首を掴んで耐えたバチスタは胸を合わせて行ったが、バゴフは背中に張り付く。後方に大きくジャンプする様に倒れた両者、バゴフのバックコントロールが続く。絞めは極まらないが、パンチを入れ続けるバゴフはニアマウントからエルボーを連打し、攻め続けてこの回を戦い終えた。

3R、アリ・コールのなか左の蹴りを多用するバゴフは、前に出てきたバチスタにシングルレッグを狙う。バチスタに切られると、直後にもう一度シングルを仕掛ける。バチスタはスイッチからトップを奪う、首を抱えに来たバゴフにヴァンブルーチョークを狙う。これは極まらなかったが、肩固めを狙いつつマウントへ。クォーターマウントからフルマウントに移行したバチスタがロックアップのバゴフにパンチを入れる。

エルボーを入れるもクラッチを切れないバチスタはマウント返しで下にされてしまう。そのままトップをキープしたバゴフが、5-0の判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie