この星の格闘技を追いかける

【UFC213】最終回にダウン奪うもヴェウドゥム、オーフレイムに届かず。0-2で敗れる

<ヘビー級/5分3R>
アリスター・オーフレイム(オランダ)
Def.2-0:29-28.29-28.28-28
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)

いきなり跳び蹴りを見せたヴェウドゥム。アリスターは苦も無くかわし、左の拳を低く後ろにおいて構える。そこから左ハイを繰り出したアリスターがまくは組み付いて離れる。スイッチするアリスター、待ちのヴェウドゥム。と、ヴェウドゥムがワンツーを振るって前に出てハイを繰り出す。回って距離を取ったアリスターに対して、ヴェウドゥムは自らのローでバランスを崩す。

すぐに立ち上がったヴェウドゥム、アリスターも慎重な姿勢を崩さない。ハイからサイドキックと足を伸ばすヴェウドゥムが、左ミドルを決める。表情で「行くぞ」と見せるアリスターは、シングルを切って左から右を繰り出す。ヴェウドゥムが浴びせ蹴りと、レンジの外での争いが続いた。

2R、再びフライング・サンドキックを見せたヴェウドゥム。アリスターは左ミドルを入れると、組んだヴェウドゥムが引き込んでガードを取る。暫く胸を合わせていたアリスターが立ち上がり、置きに行くような左ストレートを見せる。その後、左アッパーを当ててヒザ蹴りを当てたアリスターに対し、ヴェウドゥムが再び引き込む。

トップにステイし、スタンドに戻ったアリスターは前に出てきたヴェウドゥムに左ストレートを当て、左ミドルをボディに突き刺す。ヴェウドゥムもワンツーを返して、ヒザを狙うがこれは空振りに。その後もヴェウドゥムが左ジャブを当てると、アリスターも左を当て返した。

最終回、距離が近くなった両者。細かいフックを当てたヴェウドゥムはワンツーから首相撲、アリスターが逆にヒザ蹴りを繰り出す。アリスターのフリッカーのような左に対し、ヴェウドゥムがワンツーを当て、首相撲からヒザ蹴りで動きを止める。

ギロチンは頭を抜けたヴェウドゥムだが、スタンドに戻っても右ストレート、左ジャブとパンチで攻め込みダブルレッグでテイクダウンを奪う。ガードを取ったアリスターに対し、ヴェウドゥムがボディへおパンチから右のパンチを落とす。懸命にしがみつくアリスターに細かい鉄槌を連打するヴェウドゥムは、立たれる心配はなく徐々に振りの大きなパンチを入れていく。

一度、手をついて立ち上がろうとしたアリスターだが、その腕を払ったヴェウドゥムがハーフに。アリスターはその頭を引きよせてタイムアップを迎えた。

2Rはアリスター、3Rはヴェウドゥム。動きが非常に少なかった初回が勝敗を分けることになる。結果はジャッジ2人がアリスターの勝利を支持。「ファブリシオをリスペクトしている。僕が3Rを失ったのは絶対だけど、僕が1Rと2Rを取った。ベルトを巻くためにハードワークを続けるよ」とアリスターはブーイングのなかで語った。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie