この星の格闘技を追いかける

【ONE54】ミシェル・ニコリニ×イリナ・マゼパ=柔術×キック、ジナ・イニオンもONEへ


Nicolini vs Mazepa【写真】ウェルラウンダー時代にあって、得手不得手がハッキリしている試合。何が起こるか…… (C)MMAPLANET

20日(月・現地時間)、ONEが4月21日(金・同)にフィリピンのマニラにあるMOAアリーナで開催するONE54の全カードを発表した。


既にメインで世界ライト級選手権試合=王者エドゥアルド・フォラヤンが、イブ・タンを母国で迎え撃つ初防衛戦が組まれることが明らかとなっていたが、今回は残りの8試合のラインナップが公表された。

フォラヤンの同門チーム・ラカイからケビン・ベリンゴンが出場し、フィンランドのトニ・タウルと対戦。昨年12月のフィリピン大会で同じラカイのゲヘ・エウスタキーオをRNCで破ったタウルに対して、チームをあげてのリベンジ戦に臨む。またラカイの新鋭ダニー・キンガドにはキャリア2勝1敗のマレーシア人ファイター、モハメド・アイマンとのアップを期待されたカードが組まれた。

さらにはPXCに出場してきたラカイの女戦士、女子アトム級のジナ・イニオンがついにONEデビューを果たす。ローカル人気の高いPXCからの転出は、それだけONEがフィリピンで定着してきたことの表れか。ONE3戦目で通算戦績2勝4敗のナタリー・ヒルズと相対するイニオン、女子アトム級王者アンジェラ・リーへの挑戦が期待される参戦であることは間違いない。

また、同じ女子マッチではストロー級で柔術ムンジアル8冠のミシェル・ニコリニが、ONE2戦目でイリナ・マゼパと戦う。マゼパは一昨年の12月にフィリピン系米国人で女子ボクシング世界王者だったアナ・フラトンを破って以来、1年5カ月振りのMMAマッチとなる。打撃では散打、キック、ムエタイ、ボクシングを経験しており、今やUFC世界バンタム級のトップファイターであるヴァレンチーナ・シェフチェンコとクンルンファイト・トーナメントの決勝を争った腕前の持ち主だ。

ONEで戦いながら、立ち技最高峰のGLORYとクンルンで戦うマゼパ。寝技はともかく、テイクダウンディフェンスとスプロールの成長度合いによっては、打撃に不慣れなニコリニを倒す可能性は十分にある。人として、異質な怖さを持つニコリニに恐怖を与えることができるか。柔術×打撃のクラシックな異種格闘技戦的な顔合わせは、組んで倒せるか──組まれて倒れないかで戦局を左右する一戦となる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie