この星の格闘技を追いかける

【RFC36】柔術家パク・ヘジンのバック奪取&打撃が評価され、チョ・ヨンスンを破る

<ライト級Tリザーブマッチ/5分3R>
パク・ヘジン(韓国)
Def.3-0
チョ・ヨンスン(韓国)

リザーブマッチ2試合目。バクはディープハーフ・マスターの異名を持つ柔術家。そのパクのフックが当たり、ショートノーティス出場のチョの体が沈む。乱打戦のなかで下になったパクはハーフガードから潜りを狙うが、チョが頭を押して背中をマットにつかされ、思い切りのよい左のパウンドを連打される。

ボディロックから起き上がったパクは右の連打でチョからダウンを奪う。チョは首相撲からヒザをボディに突き刺すと、パクの動きが鈍る。ヒザとパンチのコンビネーションで形成を逆転したチョだったが、またも右を被弾してマットに手をつく。すぐに体を起こしたチョとパクのノーガードの荒い殴り合いが続き、両者荒い呼吸に。

チョは引き続きヒザをボディに続け、組んでテイクダウンに成功。マウントから殴るチョに対し、パクはハーフガードも背中をマットに着けており、劣性となって初回を戦終えた。

2R、首相撲からヒザ蹴りを続けるチョに対し、今度はパクがテイクダウンしサイドで抑え込む。足を戻したチョ、バクはガードの中からパスを狙い、チェのバタフライスイープを潰してパスしてマウントへ。パンチを入れるとチョが背中を見せ、パクはRNCへ。かなりタイトに見えたが、チョが手首を引き寄せてディフェンス。ワンフックで絞めるパクは、これを外して後方からパンチの連打に切り替える。

腰を上げて前方にパクを落とそうとしたチョに対し、パクは腕十字。腕が伸びそうになりながら切り抜けたチョ。彼のボディへのヒザ蹴り一発といわゆるキャッチ的なRNCや腕十字も1Pという加点のため、攻勢とポイントに剥離があるかもしれない。

最終回、パンチを打ち合う両者。頭を振らないので、互いにパンチの後にパンチを被弾する。パクのテイクダウン狙いを切り返そうとしたチョは飛びつきガードからスイープを狙うが、ここはパクが粘ってトップを奪い切る。担ぎパス狙いにアップキック、バラフライスイープを見せたチョをパスしたパク。これだけはポイントがないが、バックに回ると1Pとなる。

そのバック奪取直後に、胸を合わされたバクが下に。チョは腰を上げた左右のパウンドを落とす。ならばとパクはハーフカードを取り、殴られながらもスイープに成功。パス狙いのパク、足を効かせるチョは両足でボディを挟みトゥーホールドを仕掛ける。これを捌いてトップをキープしたパクは、タイムアップと同時に勝利を確信。結果は3‐0で判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie