この星の格闘技を追いかける

【Pancrase280】ユータ&ロック、ギロチン頼りのワンダーソンに完封勝ち

<フェザー級/5分3R>
ユータ&ロック(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ワンダーソン・ドスサントス(ブラジル)

するどい右ハイを見せたワンダーソンに対し、ユータ&ロックがダブルレッグへ。ギロチンを逃れたユータ&ロック、ブレイクがかかり今度はワンダーソンが組んでいく。テイクダウンを奪ったのはユータ&ロック、とワンダーソンがギロチンへ。足を一本抜き、頭を押し込んで絞めをルーズにさせたユータ&ロックが、再びトップへセットアップ。これもギロチンで受け止めたワンダーソンだが、ホールディングに近く効果はなく初回はユータ&ロックがジャッジ3者の支持を集めた。

左フックから組んでいったユータ&ロックが、ケージにワンダーソンを押し込む。大内刈りからテイクダウンを奪ったユータ&ロック。クローズドガードで頭を引き寄せるワンダーソンをユータ&ロックはケージ際に運ぶ。起き上がりながら体を入れ替えたワンダーソンがトップを伺うも、ユータ&ロックも立ち上がりケージ際でのクリンチ戦が続く。ボディへのヒザ蹴りを2発入れたワンダーソンは、押し込まれてまたもギロチンへ。ケージを背負ってクローズドでギロチンも、ユータ&ロックが頭を抜いてテイクダウンに成功。ワンダーソンの立ち上がり際にバックを取りつつパンチを入れたユータ&ロックがこの回も取った。

最終回、ユータ&ロックのダブルレッグにワンダーソンはギロチンで頭を巻いて倒れる展開が繰り返される。ケージを背にしてエルボーを落とすワンダーソンは首相撲も、ユータ&ロックは隅落としように上を取る。スクランブルでバックを取ったユータ&ロックは、正面に回ってテイクダウンに成功する。残り90秒、クローズドガードのワンダーソンは最後まで組みへの対処がギロチンで、そのままフルマークの判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie