この星の格闘技を追いかける

【Bellator104】極め切れないグローブ、煮え切れない初勝利

2013.10.19

<ミドル級/5分3R>
ケンドール・グローブ(米国)
Def.30-27, 30-27, 29-28
ジョー・ヴェデポ(米国)

試合開始直後に組みついてシングル、ダブルとテイクダウンを狙うヴェデボ。ケージを背にして耐え、エルボーを落すグローブ。UFCでもよく見られたシーンだ。首相撲からヒザを入れて距離を取り直したグローブは、左ジャブのダブルから右ストレートでダウンを奪う。飛びヒザを見せたグローブ、組みついたヴェデボがテイクダウンへ。落ち着いて三角絞めを仕掛けたグローブ、ケージを蹴って腕十字に移行するが極め切れない。スクランブルの攻防のなかで、再びガードからトライアングルを狙ったグローブは、頭を引き寄せるが極め切れず、初回が終わった。

2Rも開始早々にテイクダウンを決めたヴェデポ。ガードを取ったグローブは、ここでは立ち上がろうとしてスクランブルの攻防からバック、トップを取る。パスからマウントに入ったグローブに対し、ヴェデポも暴れて胸を合わせると足に組みつく。グローブはギロチンで応えるが、これも極め切れない。ならばとここでもガードから腕十字、三角へ移行するも長い脚が逆に邪魔になっているようでタイトな絞めとならない。スタンドに戻るとヴェデポが、ダブルレッグで尻餅をつかせ、ラウンド終了に。

最終回、ヴェデポのテイクダウン狙いを切って、ヒザを顔面に入れるグローブだが、ここでもダブルレッグを切りきれずガードへ。ケージを蹴って腕十字も担がれ、背中を預けながら立ち上がる。胸を合わせてヒザ、右フックを入れ逆にシングルでテイクダウンを奪ったグローブ。ヴェデポは立ち上がると、すぐにダブルレッグでテイクダウンに成功する。残り1分、ここでもグローブは腕十字へ。フラワースイープのようにスイープし、十字に入るもヴェデポも起き上がる。最後は三角の形で試合を終えたグローブが、煮え切れない試合で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY