この星の格闘技を追いかける

【UFN87】急遽出場のエメットが、見過ぎのタックをスプリットで破る

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・エメット(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョン・タック(米国)

急遽出場となったエメットがいきなり左ハイを見せる。タックは左から右フックを振るい、左ハイもこれは空振りに。タックの右オーバーハンドにエメットは右フックを返す。エメットは右を振るいながら前に出て跳び蹴り、タックはサイドステップでかわす。構えを変え、蹴りをまじえたファイトでプレッシャーを強めるエメットがバランスを崩すと、タックはヒザ蹴りを入れる。離れたエメットが右ストレート、さらにオーバーハンドを入れる。タックの左ハイは当たりが浅く、エメットはラウンド終了間際にダブルレッグを狙ったが倒せず。エメットのラウンドとなったか。

2R、飛びヒザを入れたタック。中間距離でパンチを打ち合い、タックが左ミドルハイを見せる。口が開き気味になったエメットに対し、タックが左フックをヒットする。勢いのあるフックを振るうエメットだが、運動量は落ちて来たか。タックのシングルレッグをかわしたエメットが、左前蹴りを顔面に受けそうになる。エメットの左にタックは右を返し、左ミドルを入れる。頭を振ってから左ハイを狙ったエメットだが、これは当たらない。残り90秒、エメットのパンチが増える。タックはヒザ蹴りを見せ、左ジャブ。エメットは右フックを入れると、終盤にパンチを纏める形でスコアメーキングを図った。

最終回、受けの姿勢のタックはこのままでは判定で勝てないが、自ら積極的に動くことはない。手を出し、前に出て、頭を動かすエメットがショートでワンツーを入れる。さらに左ローを見せるなど、印象点で明らかにエメットがタックを上回る。距離を取るエメット、後ろ回し蹴りを見せたタックにキック王国のファンはブーイングを送る。この後、タックの右ローが急所に入り試合が中断。

再開後もエメットのサークリングが続く。焦れて飛びヒザ、飛び蹴りを見せるタック。ついにヒザを入れ、左ハイで連打するタックに声援が集まる。エメットのダブルレッグをタックが受け止めたところでタイムアップとなった。エメットは途中の後ろ回し蹴りを受け流した時に左手の指を負傷したことで、足を使い続けた模様。結果、スプリットでエメットが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie