この星の格闘技を追いかける

【UFN26】TD奪ったガンバーリャンが、長身ミラーに判定勝ち

2013.08.18

<フェザー級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン(米国)
Def.3-0: 30-27, 29-28, 29-28
コール・ミラー(米国)

ミーシャ・テイトをセコンドに帯同したガンバーリャン、長身ミラーとは頭一つ上背が違う。当然、リーチの差も大きい両者の戦いはミラーの左前蹴りでスタートした。ローを見せたガンバーリャン、ミラーは左ジャブと左の前蹴りで距離を取る。ガンバーリャンが思い切り右を打ち込むも届かない。逆にミラーが左ジャブを続ける。予想通りの立ち上がり、ガンバーリャンは左フックをダブルで放つも、なかなか懐に入り込めない。

シングルを狙ったガンバーリャンのテンプルをミラーの右フックが襲う。振りの大きな右、テイクダウンのフェイントなど、自分の戦いに持ち込みたいガンバーリャンの試みに、下がる場面が目立ってきたミラーが、左ジャブで立て直しを図る。右で組みつくフェイントを入れ、左を思い切り放ったガンバーリャン、ミラーの重心が上がると、一気に組み腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。

エルボーを落したガンバーリャン、ミラーの立ち上がり際にバックに回ろうとするが、腕を差され回りきれない。残り時間10秒を切り、ローシングルを仕掛けたガンバーリャン。これを切ったミラーが、エルボーを左の側頭部に入れる。後頭部を抑え、インターバル中にしゃがみこんでしまったガンバーリャン。コーナーに戻り試合再開に応じるが、やや目が虚ろか。

2R、左前蹴りから左ジャブを入れるミラーに対し、ガンバーリャンは右ローを連続で決める。ミラーの右ハイをブロックしたガンバーリャンがローを続ける。ヒザにシングルレッグを合わせたガンバーリャンが、ケージにミラーを押し込み尻餅をつかせる。立ち上がったミラーは、ヒザをボディに連続でいれる。前方に崩れたガンバーリャンのバックに回るも、前方に落されて即、胸を合わせたミラー。直後にリフトされテイクダウンを許してしまう。

クローズドガードのミラー、ガンバーリャンは頭をカットし流血に見舞われる。頭をケージに押し込むガンバーリャンの胸を蹴り上げ、隙間を作ったミラーが立ち上がる。ガンバーリャンがローシングルを続け、エルボーを再び受けるも、左足を払ってテイクダウンに成功する。残り40秒、再び蹴り上げから立ち上がったミラーが右を伸ばす。ローで応えるガンバーリャン、ミラーのハイを避けて2Rが終了した。

最終回、距離が近づいた両者。ガンバーリャンの右フックが、ミラーを捉える。ミラーは距離をとり、左アッパーから左ジャブでペースを掴もうとする。テイクダウン狙いに左右のフックを振るうミラーに対し、ガンバーリャンも右を振り回す。ミラーのヒザに、ローを返すガンバーリャン、右のヒザを受けるも直後にテイクダウンに成功する。

クローズドガードを続けるミラー、時間が経過するばかりで立ち上がることができない。残り90秒、ようやくミラーがケージ際まで位ドプするもガンバーリャンは右足を越して立たせない。バタフライガードから足を一本引いてようやく立ち上がったミラーを、ガンバーリャンは肩口に乗せて持ち上げようとする。必死にスイッチで耐えるミラーを最終的にはケージ中央に向けて倒したガンバーリャンが、3-0で判定勝ちし「タフファイトになることは分かっていた」と語り、ロンダとハグした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie