この星の格闘技を追いかける

【TFC01】最後も右の拳で決めた、キム・ジョンマン引退

2013.06.29

Kim Jong Man vs Han Seug-Hwa

【写真】最後はパンチ結着、キム・ジョンマンらしいラストファイトだった(C)MOOZine
Text by Choi Woo-Suk

<フェザー級 /5分3R>
キム・ジョンマン(韓国)
Def.2R0分45秒by KO
ハン・ソンファ(韓国)

引退試合の臨んだキム・ジョンマン。OFCの前身マーシャルコンバットのベルトと共に入場を果たす。初回、ハン・ソンファがローで先手を取ると、フックをヒット。再びローから試合を組み立てるハン・ソンファに対し、キム・ジョンマンはフックを振るって前に出るが、これらの攻撃は当たらない。ハン・ソンファは左ストレートから組みつき、バックを伺うとキム・ジョンマンの投げを潰して、バックへ。そのまま前方に崩して寝技に持ち込んだハン・ソンファはパウンドとともに反則の後頭部へのエルボーを見せるが、レフェリーが気付かない。

ガードを取ったキム・ジョンマンに今度は肩パンチを見せたハン・ソンファ。背中を預けて立ち上がろうとしたキム・ジョンマンに対し、リアネイキドチョークを仕掛けたハン・ソンファ。そのままバックをキープし優勢のまま初回を戦い終えた。

2R、ハン・ソンファのフックをかわしたキム・ジョンマンが、ワンツーからスリーまでコンビネーションを見せる。ハン・ソンファも左フックを入れたが、勢いがない。続くテイクダウン狙いを防いだキム・ジョンマンは右フックを打ち込むと、この一発でハン・ソンファが失神。キム・ジョンマンが有終の美をらしくKO勝利で飾った。

PR
PR

関連記事

Movie