この星の格闘技を追いかける

【UFC160】メイナードから金星、TJ・グラント挑戦権獲得!?

<ライト級/5分3R>
TJ・グラント(カナダ)
Def.1R2分07秒 by TKO
グレイ・メイナード(米国)

左を伸ばすメイナードは、右も返しプレッシャーをかけていく。右アッパーから左フック、続く左フックは空振りになったが、メイナードのプレッシャーが強い。グラントはそのプレッシャーに負けず、手を出していく。下がることなく右を打ち込んだグラントは、距離を詰めてヒザを狙う。と、一旦距離ができ、グランドが左から右ストレートでダウンを奪う。距離を取ろうとしたメイナードに対し、後方からパンチを連打し、立ち上がったところで左ひざを突き上げたグラント。さらにパンチからパウンドをまとめたグラントが大金星を挙げ、「凄く嬉しい。いくつか良いパンチを貰ったけど、コンビネーションをコーチと磨いてきた。ベン・ヘンダーソン、チャンピオンを尊敬しているからこそ、戦って僕がチャンピオンになりたい」と語った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie