この星の格闘技を追いかける

【UFC FX08】マルドナード、打撃でプレッシャー与えて判定勝ち

2013.05.19

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・マルドナード(ブラジル)
Def.3-0:29-27, 29-28, 29-27
ロジャー・ホレット(カナダ)

試合開始早々、ホレットの後ろ回し蹴りがマルドナードの急所に入り、試合が中断してしまう。再開後、マルドナードがボディにパンチを入れ、左を振るいながら前に出る。と、ホレットがダブルレッグダイブでテイクダウンに成功する。インサイドハーフの状態で、左の上腕をマルドナードの喉元に突きつけるホレットだが、この状態でブレイクが掛かってしまう。

スタンドに戻ってすぐに組みついたホレットは、ヒザを突き上げながらテイクダウンを狙う。が、ここでもブレイクとなり、試合がスタンドに戻るもマルドナードは左フックにテイクダウンを合わされ敢え無く背中をマットにつけてしまう。ハーフの状態でトップをキープしたホレット、そのままの状態で初回が終了した。

2R、マルドナードの前進に ヒザを合せようとしたホレットが、左フックを打ち込んでいく。マルドナードはケージにホレットを押し込むも、続いて距離ができるとパンチを連打する。プレッシャーを与え続けるマルドナードはケージ際にホレットを追い込むがテイクダウンに至らず、攻めあぐねるようだった。

最終回、マルドナードはここでも左フックを空振りし、ダブルレッグダイブを仕掛けられるも、マルドナードはここは踏みとどまる。ホレットのパンチを受けて『打ってこい』と挑発するマルドナード、その後は左ジャブから距離を詰め、ボディフックを連打する。動きが止ったホレットに左アッパー、右フックを打ちこむ。動きが鈍くなった両者、残り1分を切ってケージ際での押し合いが続く。と残り30秒でトップを奪取したマルドナードが、最後までポジションをキープし、判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie