この星の格闘技を追いかける

【RFC11】まさかッ!! ヨアキム・ハンセンに〝あわや″の場面が

Hansen vs Seo Doo-won

【写真】韓国×世界という風な対戦カードのなかで、ヨアキム・ハンセンだけは成長著しい韓国人ファイターを相手にしても、苦戦を強いられることはないと予想されていたが……(C)MMAPLNET

<フェザー級/5分3R>
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー)
Def.2R3分14秒by 肩固め
ソ・ドゥウォン(韓国)

大きな「ソ・ドゥウォン」コールのなか試合がスタート。左ハイでバランスを失ったヨアキムだが、すぐに立ち上がって左ハイを連続で放っていく。ソ・ドゥウォンも右ローを蹴るが、これは距離が合わない。と、ソ・ドゥウォンはヨアキムの右ローに右を合せる。右ストレートを2発、さらに距離を取ってから思い切り右を伸ばすソ・ドゥウォン。気持ちで押されることのないソ・ドゥウォンが、前に出てヒザを打ってきたヨアキムに組みつきケージに押し込む。

ヨアキムの支え釣り込み足にもバランスをキープしたソ・ドゥウォンは、両ワキを差してケージに押し込む。大外刈りでヨアキムがソ・ドゥウォンを投げるが、両者同体で立ち上がる。首相撲からヒザをボディに突き上げるヨアキムだが、右フックに右を合わされ体がよろめく。ソ・ドゥウォンは左右のフックからヒザの追撃、ヨアキムは首相撲に出るがアッパーを受けダブルレッグでテイクダウンを奪われる。

残り20秒、ソ・ドゥウォンはインサイドガードから左のパウンドを落し、蹴り上げからシングルに出たヨアキムにギロチン一閃。かなりタイトに絞め上げるも、ここでタイムアップとなり、ソ・ドゥウォンが初回を取った。

2R、左ストレートから左ミドル、さらにヒザと逆襲に出るヨアキムだが、ここでも両ワキを差されケージに押し込まれる。右を差し変えたヨアキムに対し、ソ・ドゥウォンが大内刈りでクリーンテイクダウンに成功。フックガードから左腕を絞るヨアキム。と、ヨアキムは腕十字からフラワースイープのようにリバーサルに成功する。

トップを取ったヨアキムはハーフからパス、一気にマウントを奪うと肩固めへ。懸命に暴れるソ・ドゥウォンだが、ガッチリ入った肩固めは外れず失神。RFC初戦で逆転のサブミッションを極めたヨアキムは、「韓国のファンは素晴らしい。また、すぐに会いましょう。対戦相手はタフだった」と語った。この勝者の言葉、決して社交辞令ではないだろう。大健闘のソ・ドゥウォンだった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY