この星の格闘技を追いかける

【Pancrase269】ISAO、ウィル・チョープを完封。しっかりフルマークで判定勝利

ISAO【写真】しっかりという言葉がピタリとはまるISAOの勝利だった(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
ISAO(日本)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ウィル・チョープ(米国)

間合いを測るISAO、チョープに左ローを入れる。チョープもローを蹴り返し、右ミドル。ISAOは左ロー、組んできたチョープにケージに押し込まれる。体を入れ替えたISAOは右腕を差して内腿に左ヒザを突き刺す。1分30秒を経過したところでブレイクが掛かり両者が離れる。ISAOは左ローからワンツー、ニータップの要領でケージにチョープを押し込みダブルを狙う。ここはチョープがケージを背にして耐えるが、ISAOが距離を潰して戦うことができている。

オクタゴン中央にも戻った両者、ISAOはロー。チョープもローを返し、続くヒザがISAOの急所に入る。再開後、ISAOは左からワンツーを伸ばし距離を取ると、追いかけてきたチョープにダブルレッグを決める。飛び込んでパウンドを落とし、ハイガードを捌くISAOがパス狙いからハーフへ。しっかりと抑えて右のパンチから右エルボーを2発。そのままトップを取り初回をリードした。

2R、チョープの左ジャブを受けたISAOは組みに行く。一度はケージに押し込まれるも、すぐに体を入れ替えたISAOはチョープの大外から顔面を狙ったヒザ蹴りを肩を突き上げてよける。態勢を変えられながらもボディロックからISAOがテイクダウンに成功。チョープのガードを畳んでパス、ISAOはチョープが立ち上がってくるとがぶってギロチン&ヒザを入れる。

残り80秒、ケージ際で体を入れ替える両者。ブレイクが掛かり残り30秒、ISAOは小外掛けからダブルに移行してまたもテイクダウンを奪取。このラウンドもジャッジ3者が10-9をつけ、ポイントをリードしたままISAOは最終回を迎えることに。

ISAOが左ストレート、返しの右をヒットさせ、チョープの動きが落ちる。続いてケージに押し込み時間を有効に使うと、ケージ際を回るチョープを逃さない。シングルに移行して押し込みながらテイクダウンを取ったISAOが三角絞めを察知し、担ぎパスへ。逆側にパスしチョープを追い込むと、金網を蹴ってきてもしっかりと対処する。ハーフに戻されると、すぐに足を抜いたISAOがハーフからアームロックへ。最後の1分、意地を見せて立ち上がったチョープだがISAOは両脇を差してケージに押し込むと、ハイクロッチに組み替え、タイムアップまでケージに押し込み続けた。

元UFCファイターのチョープを完封したISAOは、フルマークの判定勝ち。「仕留め切れず、なかなかKOか一本を狙っているけど……キメきれなかったです。これからも格闘技、どんどん盛り上がっていくと思うので今日だけでなく、見続けてくれれば」とマイクを通し、兄の欠場も詫びながらファンに語りかけた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie