この星の格闘技を追いかける

【Pancrase269】マモル、自らの戦いを貫きスプリット判定でパンクラス初勝利

Mamoru【写真】自らのペースで戦ったマモルだが、1票は失った。ここを今後、どのように修正していくか(C)MMAPLANET

<スーパーフライ級/5分3R>
マモル(日本)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
北郷祐介(日本)

北郷のローをキャッチして、足払い気味にローを放つ――らしい動きを見せるマモル。ハイやミドルをスウェイでかわすと、引き続き蹴り足をキャッチして尻餅をつかせると、自らローを蹴りこむ。北郷は左ジャブを伸ばしが、左フックを受けてケージに詰まる。押し込まれながら首相撲で押し返したマモルに対し、北郷も果敢に手を出すがワンツーからミドルを蹴りこまれる。距離を潰してヒザを突き刺したマモルは、組み合いのなかでもエルボー。北郷もパンチを返し初回が終了、ジャッ3者ともマモルを支持した。

2R、蹴り足をキャッチしバランスを崩させるマモルは、左ミドルからワンツーで前に出る。ジャブを伸ばし、左ローを入れる北郷だがミドルを受けるシーンが多い。右ストレートやローを返す北郷に対し、組まれない限り余裕で北郷の攻撃を受け流すことができる。もっと組んで削りたい北郷だが、打撃戦を展開してしまう。こうなるとマモルはロー、ミドルからパンチの機会を伺うなど、自らのペースで戦い2Rも2票を取った。

最終回、北郷のロー、マモルのミドル。その合間に前蹴りを入れてリズムをつかむマモルは左ジャブを被弾し、右ストレートを返す。北郷はカットされてもローを続ける。マモルの前蹴りが急所に入り試合が一時中断もすぐに再開、北郷は引き続き右ローを見せ、マモルがカットする。ワンツー&ミドルで前に出たマモルに対し、距離を取った北郷。その北郷の左フックがマモルの顔面を捉え、試合は残り1分に。マモルはワンツーからここでも左ミドル、そして左の前蹴りから右ストレート左ミドルを見せる、北郷はジャブとロー、前に出るマモルとの間合いを取ったが、有効打はポイントがリードされている割には少なかった。結果、スプリットながらマモルが勝利した。

カットをしてもローを北郷に有効としたのか、1票を失ったマモル。ユニファイド化ではもっと明確なポンインとが必要なのかもしれない。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie