この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX16】ローやジャブ、そしてTDトライの積み重ねでミラーがカスティーリョに勝利

<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー(米国)
Def.2-1:30-27,29-28,28-29
ダニー・カスティーリョ(米国)

サウスポーのミラーが左ロー、カスティーリョのハイキックをキャッチしてテイクダウンへ。すぐに跳ね上げてスタンドに戻ろうとしたカスティーリョを潰して、トップを取ると瞬時にしてミラーはマウントを奪取する。カスティーリョの右腕を固め、前方に倒れるように三角を狙ったミラー。カスティーリョが腹ばいになると後ろ三角を狙ったが、ここは頭を抜かれてトップを取られてしまう。スタンドに戻ると、ペースの掴み合いが続いたまま初回が終わった。

2R、右ジャブから左ミドルを見せたミラーに、カスティーリョも右ハイを返す。ミラーは右ショートを入れ、左ローを蹴り込む。さらにワンツーから右ローを決めたミラーに対し、カスティーリョが右ストレート、そして右ミドルを入れる。ミラーは左ミドルを返し、ならばとカスティーリョが右ハイを狙う。主導権争いが続き、カスティーリョのダブルレッグをスプロールしたミラーはローから左ストレートを伸ばす。カスティーリョの右ハイがミラーの顔面をかすめるシーンが2度あったラウンドだが、ジャッジの裁定ではどちらを取っているのか微妙なラウンドとなった。

最終回、左ショートを入れたミラーはカスティーリョのテイクダウン狙いをスプロールし、右をヒットさせる。さらにカスティーリョのローに右を合わせる。ミラーのテイクダウンは、すぐにカスティーリョが立ち上がる。打撃戦のなかでカスティーリョが組んでいくが、ここもミラーがカットする。カスティーリョの右ハイはブロックされ、互いに大きく試合を動かすことができないまま、残り時間も少なくなる。となれればテイクダウンを取ったミラーが有利だが、最後の30秒でバックを取られそうになったミラーが引き込むようにガードを取り、しかもサイドを許してしまう。サイドから肩パンチのようにプレスしたカスティーリョ、ここでタイムアップに。終盤になぜか淡泊さを見せてしまったミラーだが、スプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie