この星の格闘技を追いかける

【UFC188】両者評価を下げるような内容で、ベンドレッドがモンターニョから判定勝ち……

<ウェルター級/5分3R>
カホル・ペンドレッド(アイルランド)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
アウグスト・モンターニョ(メキシコ)

間合いを測る両者。ベンドレッドがまず左と右のローを見せる。さらに前に出て左ミドルを放つが、モンターニョは落ち着いて距離を取る。1分を経過しダブルでモンターニョをドライブしたベンドレッド、テイクダウンは奪えない。静かな展開が続き、モンターニョの前蹴りがベントレッドのアゴをタッチするも動きは少ないまま試合は進む。特にモンターニョは距離を取り過ぎている。そのモンターニョ最後に飛びヒザを狙ったが、見せ技の感は拭えず観客はブーイングを送った。

2R、レフェリーから攻めないとペネルティを与えると警告されたモンターニョ。これはUFCでも非常に珍しいシーンだ。意を介したモンターニョは、ベントレッドの前進に右フックを打ちこむ。持ち直したベントレッドはダブルでモンターニョをケージに押し込む。アウトサイドトリップでついに尻餅をつかせたベンドレッドは左のパウンドを落としていく。正対し立ち上がったモンターニョは前方に崩され、小外掛けで尻餅をつく。背中をマットにつけるようになったモンターニョはシングルに出るが、首をコントロールされ立ち上がることができない。そのままネックロックで固められそうになったが、何とかガードを取り直したモンターニョは起き上がるも反撃の時間は残されていなかった。

最終回、動きが大きくスローモーな両者。ボディにヒザを受けながらベンドレッドがモンターニョをドライブ。押し返したモンターニョがヒザをボディに突き上げ離れると、サイドキックを見せる。スプロール&ヒザを繰り返すモンターニョは、ケージに押し込まれてもヒザ蹴りとエルボーを入れてキムラロックへ。振り払ったベントレッドはスタミナを消耗したか、非常に動きが重い。そんなベントレッドに対し、距離を取るモンターニョ。観客は当然のようにブーイングを送る。最後の60秒も何を怒らずタイムアップに。ベントレッドに凱歌が挙がったものの、両者評価を落とすような試合だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie