この星の格闘技を追いかける

【UFC186】右目を腫らしたラコジー、レターノーに0‐3の判定負け

<女子ストロー級/5分3R>
ヴァラリー・レターノー(カナダ)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
ジェシカ・ラコジー(カナダ)

シングルマザーの悲哀と強さをもってTUF18で印象に残るラコジー。左を伸ばして距離を測るレターノーに組み付いてテイクダウンに成功する。レターノーは三角絞めへ、スラムされるも、足を組み換えて絞めていく。腹ばいになり腕十字に移行したレターノーだが、ラコジーはここで腕を引き抜いて立ち上がる。即テイクダウンを決めたレターノーは、スクランブルを制して肩固めへ。直後にロールして頭を抜くだけでなくトップを取ったラコジーは足関節も防いで、パウンドを落とす。パスからヘッドロックで固めるラコジー、レターノーが上を取り返したところで初回が終わった。

2R、左ジャブを伸ばすラコジー、レターノーは左ミドルを返す。レターノーは左ジャブをヒットさせ、右目が腫れたラコジーに左からの打撃を続ける。組み付いたラコジーがケージにレターノーを押し込むも、テイクダウンは奪えず、ダーティボクシングで反撃を受ける。離れた両者、ラコジーは左フックを入れるも、左ジャブを被弾。レターノーはエルボーを織り交ぜ、ラコジーはボディと顔面にパンチを散らす。左ミドルを蹴り合うと、ラコジーが左フックを振るう。レターノーは左ミドル、ラコジーの首相撲にパンチを返す。左ジャブを遠い距離から決めるラコジー、僅差だがレターノーのラウンドとなったが。

ラコジーは3R開始前にドクターチェックを受けたが、試合続行を許可される。パンチの応酬のなかでレターノーの左ハイがヒット。たまらず組みついたラコジー。再び打撃戦の間合いになっても、ラコジーは組みに行きエルボーを受けて離れる。後ろ回し蹴りにもレターノーは構わず左ミドルを返し、再び左ミドルを入れるとヒザ蹴りの追撃から動きの落ちたラコジーにラッシュを掛ける。残り1分を切り、ラコジーは左ジャブ、左フックを決めるも、ダメージを与える攻撃はない。終了間際にレターノーのテイクダウンから、マウントを奪取し試合を締めた。判定勝ちを決めたレターノーは「フィニッシュしたかったけど、彼女は勝負を諦めなかった」と語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie