この星の格闘技を追いかける

【UFC154】エルキンスがテイクダウン&トップキープでサイラーにフルマーク勝利

2012.11.18

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
Def.3-0:30-27、30-27、30-27
スティーブン・サイラー(米国)

左を伸ばして距離を詰めるエルキンス、首相撲で待ち受けたサイラー。サイラーは左ローを繰り出すと、エルキンスもワンツーで前に出る。頭から飛び込んで組みついたエルキンスが、サイラーをケージに押し込んでいく。ボディロックから足を掛けたエルキンスがテイクダウンに成功、サイドを取るもサイラーが足を戻す。

ヒザを立ててエルキンスが左右のパウンドを落し、足を払うようにパスを狙う。ハーフのサイラーにネッククランク、首を支点に足を抜こうとするエルキンスだが、サイラーは足がきく。サイラーの立ち上がり際に、しっかりと腰をコントロールして再びテイクダウンに成功したエルキンスは、サイラーの立ち上がり際にギロチンへ。腰を押し戻し、首を抜いたサイラーだが、ガードを強いられた展開は変わらない。試合はそのままエルキンスがトップをキープし初回を戦い終えた。

2R、サイラーの左ローにテイクダウンを合せたエルキンスは、ネルソンからネックロックへ。腹を蹴って立ち上がろうとするサイラーの足首をコントールして立ち上がらせない。顔面を蹴り上げられ、パウンドがやや粗くなったエルキンスだが、巧みにバックに回り込みバックマウントからシングルのリアネイキドチョークへ。

パンチを打たれながらも、首を懸命に守ったサイラーは後方にエルボーを放っていく。殴りながらアゴを引き上げるエルキンスは、残り90秒でリアネイキドチョークをかなりタイトに極めるも、ここもサイラーが凌ぐ。極め切ることはできなかったが、エルキンスはバックマウントを維持し、2Rもモノにした。

最終回、左フックをヒットしたエルキンス。シングル狙いのフェイントで、右フックを打っていく。サイラーのヒザ蹴りに対し、組みついたエルキンスがここでもテイクダウンへ。立ち上がったサイラーのケージに詰めて、ヒザを蹴り上げる。エルキンスのシングルにギロチンを合せきれないサイラーは、ここでもテイクダウンを許し厳しい展開が続く。鉄槌から勢いのあるパンチを落すエルキンスにサイラーはラバーガード、ミッションコントロールの状態でパンチを入れていく。

パウンドでバランスを崩したエルキンスは、すかさず立ち上がるとすぐにテイクダウンからバックへ。胸を合せたサイラーだが、残り時間はもう20秒、逆転を懸けたギロチンも決まらなかったサイラーはフルマークの判定で、エルキンスに下った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie