この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】OSP、一進一退の攻防を左ストレートでぶった斬る

<ライトヘビー級/5分3R>
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)
Def.3R0分27秒 by TKO
TJ・クック(米国)

サウスポーの構えのOSPが左ハイを見せる。クックの右に左のテンカオを合せにいったOSPだが、当たりは浅い。前足にローを受けたOSPは再びハイを見せる。ケージ際の攻防から距離を取ったOSPは左フックでダウンを奪うと、パウンドからバックに回ってパンチを連打する。立ち上がったクックはヒザやアッパーを受けながら、右フックで反撃に出る。首相撲の態勢のOSPにフックを続けるクックは、距離を取り直してなおパンチで前に出て形成逆転。

一度、呼吸を整えた両者、先に動きたのはクックで右を振るいながら前に出る。OSPはハイを放つが、体の軸が乱れており、疲れを見せる。勢いのある打撃戦という流れのなかで、OSPは残り1分、テイクダウンを奪う。上手く試合の流れを変えたOSPがハーフからアームロックを狙い、バックマウントを奪いエルボーを落とす。胸を合せたクックが立ち上がったところで初回が終了した。

2R、OSPは左ボディフックを放ち、クックが右アッパーで迎え撃つ。左ミドルを再び見せたOSPは、続いて左ハイへ。クックも右フックを見せるが、1Rのような打ち合いにはならず単発の打撃戦が続く。左フックから右を打ち込んだクックは、距離を取り直し一瞬、サウスポーに構えるが、すぐにオーソに戻す。OSPのローが急所へ。クックに回復時間が与えられる。1Rと違った間延びした展開、再開後にペースは変わるか。時間を掛けて回復に努めるクックだが、回復したいのは急所の痛みだけではないだろう。

再開後、OSPは左ハイを空振りした直後にテイクダウンに成功、担ぎパスからサイドへ。左エルボーを落としたOSPが、上四方に回りノースサウスチョークを見せるが、すぐにサイドへ戻る。首を抱えるクックだ、足は利かずマウントを許す。勢いのある左のパウンドを落としたOSPが、2Rを取った。

最終回、右ジャブから左ストレートを伸ばしたOSP。距離を詰めてこないクックの顔面を打ち抜く左ストレートが直撃する。この一発でクックは後方に倒れ込み、失神。2Rまでの流れは何も関係ないパワーショットを見せたOSPが、KO勝ちした。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie