この星の格闘技を追いかける

ウェイドマンが一躍トップ戦線へ。バンタム級初陣 田村はTKO負け

2012年7月11日(水・現地時間)、米国サンノゼのhpパビリオンでは、UFC on Fuel 04「Munoz vs Weidman」が開催された。そのメインイベントでは、つい4日前のUFC148「Silva vs Sonnen II」で、アンデウソン・シウバ×チェール・ソネンのタイトルマッチが終わったばかりのミドル級から、マーク・ムニョス×クリス・ウェイドマンが激突した。

現在まで4連勝と波に乗るムニョスと、UFC4戦4勝のウェイドマン。トップレスラー同士による、タイトル戦線に大きく影響するであろう一戦だが、その試合は驚くべき結末を迎えた。なんと初回からテイクダウンを奪ったウェイドマンが、ポジショニングやアームロックの仕掛けでムニョスを圧倒、2Rに入ると、テイクダウン→パスガード、ムニョスの動きに合わせてダースチョークを狙い、試合がスタンドに戻ると、ムニョスの右フックに右エルボーを返してダウンを奪うとパウンドで一気に決着をつけたのだ。

ROCミドル級チャンピオンで、昨年3月、ハファエル・ナタウの代役でUFCデビューを果たしたウェイドマン。アレッシオ・サカラやトム・ローラーを破り、堂々のメイン出場となったこの日、タイトルコンテンダーの一人、ムニョスを破ったばかりか、一躍トップ戦線にその名を轟かす見事な完勝劇をみせた。

また、UFC2戦目で北米デビュー戦となった田村一聖は、バンタム級に階級を下げてハファエル・アスンソンと対戦をするも、2R、アスンソンのバックスピンキックをかわして前に出たところに、左フックをカウンターで被弾。腰が落ちると、ここから連打を浴び、TKO負けを喫した。その他、全試合結果&レポートは下記の通り。

第11試合 ミドル級/5分5R
○クリス・ウェイドマン
(米国)
2R1分37秒
TKO
詳細はコチラ
マーク・ムニョス×
(米国)
第10試合 ライトヘビー級/5分3R
○ジェームス・テフナ
(豪州)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョーイ・ベルトラン×
(米国)
第9試合 ウェルター級/5分3R
○アーロン・シンプソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ケニー・ロバートソン×
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
○フランシス・カルモン
(フランス)
2R1分39秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
カルロス・ヴェモラ×
(チェコ)
第7試合 バンタム級/5分3R
○TJ・ディラショー
(米国)
1R2分33秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
ヴァグハン・リー×
(英国)
第6試合 ライト級/5分3R
○ハファエル・ドスアンジョス
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アンソニー・ンジョグアーニ×
(米国)
第5試合 バンタム級/5分3R
○アレックス・カサレス
(米国)
2R1分27秒
三角絞め
詳細はコチラ
ダマッシオ・ペイジ×
(米国)
第4試合 フライ級/5分3R
○クリス・カリアソ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョシュ・ファーガソン×
(米国)
第3試合 ミドル級/5分3R
○アンドリュー・クレイグ
(米国)
2R4分52秒
TKO
詳細はコチラ
ハファエル・ナタウ×
(ブラジル)
第2試合 ウェルター級/5分3R
○マルセロ・ギマリャエス
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ダン・スティッジン×
(米国)
第1試合 バンタム級/5分3R
○ハファエル・アスンソン
(ブラジル)
2R0分25秒
TKO
詳細はコチラ
田村一聖×
(日本)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie