この星の格闘技を追いかける

【TFC22】LC・デイビスがカンザスで勝利し、UFC進出を誓う

2012.05.26

<バンタム級/5分3R>
LC・デイビス(米国)
Def.2R2分59秒by TKO
ビル・ケマリー(米国)

ともにサウスポーの構えから右ジャブを伸ばす。組みついたケマリーがヒザ蹴り、デイビスがローを放っていく。右から左を伸ばすデイビスは、組みついてきたケマリーを逆にケージに押し込み、胸をピタリと合わせていく。離れようとするケマリーにヒザを突き上げるデイビス。2度、3度と態勢を入れ替えた両者だが、最後はデイビスがテイクダウンを奪い、この局面を制した。

ケージを背に立ち上がったケマリーは、ヒザを狙ったところで再びテイクダウンを許す。起き上がってきたケマリーのバックを取ったデイビスだが、前方に振り落され起き上がるところにギロチンを合わされてしまう。首を引抜いたデイビスは、バックに回ったケマリーを逆に前方に振り落し、立ち上がったところでテイクダウン。潜るケマリーにパウンドを落し、再びバックへ。リアネイキドチョークを仕掛けながら、1R終了のゴングを聞いた。

2R、右ジャブから左フック、左ボディストレートを見せるデイビス。ケマリーは、そのスピードに対抗できない。左から右フックを受け棒立ちになったケマリーから、テイクダウンを奪ったデイビスは、左腕を右ヒザで抑えてエルボーを連続で落す。背中を見せたケマリーにパウンドを連打するデイビス、頭を抱えるだけでパンチを受け続けたケマリーだが、左手を差し出しワキを差にいく。ギロチンで迎えうったデイビスは、自らこれを解きバックに回って左右のパウンドを落し続ける。

デイビスは腹固めからパンチを落とし続ける。亀の態勢に頭を抱えるだけのケマリーを見て、ようやくレフェリーが試合をストップし、デイビスのTKO勝ちが決まった。「ホームクラウドの前で戦えて嬉しい」と涙をこらえるデイビスは、「レフェリーが試合を止めなかったのは信じられない。勝ち続けてUFCで戦いたい」と語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY