この星の格闘技を追いかける

ヴィラ&ドゥドゥ決勝進出、ンプンブ敗北。微妙な判定多し

22 日(土・現地時間)にアリゾナ州ユマのココポー・リゾート&カジノで開催されたBFC55。ウェルター級&ミドル級に続き、バンタム級で準決勝が行われた。

そのバンタム級トーナメント準決勝、まずはエドゥアウド・ダンタスがエド・ウェストをスプリットで下し決勝進出を決めた。遠い距離からローで、ダンタスのテイクダウン狙いを徹底してカット、当たる距離では派手な蹴り技というポイント・アウトの権化ウェスト。ドゥドゥは2Rにバックマウントを取り、パンチの精度で上回り、判定ながら勝利を手元に手繰り寄せた。

もう一つの決勝も、決してコンタクトの多くない展開に。2R、3Rと距離を詰め、かなりローキックを打ちこんだロウロは、パンチのヒット数でもヴィラを上回ったように見えた。決定的にとった3R以外のラウンドをヴィラとしたジャッジが二人おり、ヴィラの判定勝ち。プロモーターサイドとしては、決勝戦でノヴァ勢同士の対戦が避けられることになった。

この日、トラビス・ビューを相手にノンタイトル戦を行ったBFC世界ライトヘビー級王者クリスチャン・ンプンブは、ビューのテイクダウン+トップキープに押し切られ判定負けを喫している。世界王者のタイトル戦&トーナメント戦以外の敗北は、BFCの2年半の歴史で初めてのこととなる。

なお、ご当地ファイターとしてアンダーカードに出場したTUF13ウィナーのエフライン・エスクデロは、シーザー・アビラを115秒ギロチンで下している。

バンタム級トーナメント準決勝/5分3R
○アレックス・ヴィラ
(キューバ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マルコ・ロウロ×
(ブラジル)
バンタム級トーナメント準決勝/5分3R
○エドゥアウド・ダンタス
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エド・ウェスト×
(米国)
ライトヘビー級/5分3R
○トラビス・ビュー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
クリスチャン・ンプンブ×
(フランス)
ライト級/5分3R
○ヒカルド・チルローニ
(ブラジル)
2R3分54秒
リアネイキドチョーク
スティーブ・ゲイビル×
(米国)
ライト級/5分3R
○エフライン・エスクデロ
(米国)
1R1分55秒
ギロチンチョーク
シーザー・アビラ×
(米国)
ミドル級/5分3R
○コビー・オーティズ
(米国)
1R4分6秒
TKO
詳細はコチラ
エドガー・ガルシア×
(メキシコ)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie