この星の格闘技を追いかける

【W-1】元鉄人夫人キム、デビュー戦の相手にも敗れる

2011.10.16

<女子135ポンド/5分3R>
スージー・モンテーロ(米国)
Def.判定3-0:29-28,29-28,29-28
キム・クートゥアー(米国)

ヴァンダレイ・シウバ率いるヴァンジ・ファイトチーム所属ファイターとして出場したキム。MMAデビュー戦のモンテーロを相手に、慎重な立ち上がりから左ジャブを見せるが、距離が近づくとモンテーロの左フックを受け、ケージに押し込まれる。キムは投げを打とうとしたが、バランスを崩しモンテーロにマウントを奪われる。

ブリッジで逃れ、スタンドに戻ったキムに対し、モンテーロが再びケージに押し込んでいくと、キムはヘッドロックのような態勢に入った。力ずくのキムの攻撃に対し、モンテーロはバックに回り込む。キムは胸を合わせると、がぶってヒザをボディに突き上げる。両ワキを差したモンテーロがキムを押し込んだ状態が続くが、レフェリーがブレイクを命じた。


モンテーロの前蹴りでバランスを崩したキムは、再びケージに押し込まれた状態で1R終了のゴングを聞いた。ATT所属のモンテーロが、MMA緒戦で優勢に試合を進めた。2Rに入ると、そのモンテーロがテイクダウン狙いを潰され、トップを取られる。

クローズドガードから両手首を掴むモンテーロに対し、キムは身動きが取れない。モンテーロはそのままクローズドガードをキープしたが、キムが重心を上げたため、足のクラッチが解けてしまう。キムのパウンドに合わせ、腕十字を狙ったモンテーロだったが、これは外され下からパンチを放っていく。

モンテーロに蹴り上げられても、トップをキープするキムだったが、有効な攻撃は仕掛けられない。続く蹴り上げで、距離を取ったキムは、立ち上がったモンテーロに、ローキックを蹴り込んでいく。続くキムの右は空振りとなり、モンテーロはまたも組みついてケージに詰める。このまま動きが少ない女子戦は最終ラウウンドへ。

最終回、前蹴りを見せるモンテーロは、キムの左にローを合わせていく。左ジャブを伸ばすキムだが、インサイドレッグキックで前進を止められる。モンテーロはキムのボディフックに前蹴りを合わせる。

モンテーロはここでも組みついてケージに押し込むも、膠着が続き、ブレイクへ。残り2分、モンテーロの前蹴りがヒット。キムの蹴りを掴み、バックに回ったモンテーロは、スタンドでフックを狙う。ケージ際の組合いが続いた試合、最後はキムがテイクダウンに成功し、モンテーロがギロチンを仕掛けたところでタイムアップ。

ジャッジの裁定は29-28×3で、モンテーロに凱歌が挙がった。祖母を亡くしたばかりのモンテローロは、笑顔と共に涙も浮かべ「勝ち続けたい。誰とだって戦いたい」と今後の活躍を誓った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie