この星の格闘技を追いかける

【WEC49】公開計量、期待のグリスピが1年振り復帰戦へ

2010.06.21

【写真】今大会注目は、1年振りの復帰となるグリスピと“超地味”デイビスだ。グリスピには、ユライアのバンタム級転向でフェザー級を支える存在にと期待がかかる (C) ZUFFA

20日(日・現地時間)に行なわれるWECにとって初のカナダ大会、アルバータ州エドモントンのレクソール・プレイスで開催されるWEC49「VARNER VS SHALORUS」。その公開計量が19日(土・同)に同地で行なわれた。

クリス・ホロデスキーとヘナ・バラォンの対戦相手が、それぞれダン・ダウンズ、アンソニー・レオンに変更となった同大会は、ライト級世界王者ベン・ヘンダーソンへ、事実上次期挑戦者決定マッチ、ジェイミー・バーナー×キャメル・シャロルスがメインに。また、注目は昨年6月9日以来、実に1年振りのファイトとなるジョシュ・グリスピだ。


MMAキャリア13勝1敗という脅威の21歳は、08年2月のWECデビュー以来3連勝中と期待のフェザー級ファイターだ。今回は強くて超地味なLC・デイビスを倒すこと、これをズッファ首脳に期待され、いきなりの強豪との対戦となった。

1年前にジェンス・パルバーと対戦し、僅か33秒で勝利を収めたグリスピだが、実は試合の数日前に足首を痛めており、手術+リハビリのためにこれだけブランクが空いてしまった。

1年振りのファイトにも余裕の笑顔を見せて、計量を終えたグリスピ。ユライア・フェイバーがバンタム級に落とすことが決定しただけに、フェザー級でジョゼ・アルドの対抗馬が欲しいWEC。グリスピへの期待度は高い。

■WEC49計量結果は下記の通り

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・バーナー:156ポンド(70.7キロ)
キャメル・シャロルス:155ポンド(70.3キロ)

<フェザー級/5分3R>
マーク・ホーミニック:144.5ポンド(65.4キロ)
イーブス・ジャボウィン:145ポンド(65.7キロ)

<フェザー級/5分3R>
LC・デイビス:146ポンド(66.1キロ)
ジョシュ・グリスピ:145ポンド(65.7キロ)

<ライト級/5分3R>
ダン・ダウンズ:156ポンド(70.7キロ)
クリス・ホロデッキー:154ポンド(69.9キロ)

<バンタム級/5分3R>
ウィル・カンプサーノ:136ポンド(61.6キロ)
エディ・ワインランド:135.5ポンド(61.4キロ)

<ライト級/5分3R>
ウィル・カー:155ポンド(70.3キロ)
カレン・ダラベジャン:155.5ポンド(70.5キロ)

<バンタム級/5分3R>
フランク・ゴメス:135.5ポンド(61.4キロ)
ヴァグネイ・ファビアーノ:135.5ポンド(61.4キロ)

<フェザー級/5分3R>
ベンディ・カシミール:145.5ポンド(65.9キロ)
エリック・コウ:145.5ポンド(65.9キロ)

<フェザー級/5分3R>
ディエゴ・ヌン:144ポンド(65.2キロ)
ハファエル・アスンソン:144.5ポンド(65.4キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハファエル・リベーロ:135ポンド(61.2キロ)
クリス・カリアソ:135ポンド(61.2キロ)

<143ポンド・キャッチウェイト/5分3R>
ヘナ・バラォン:141.5ポンド(64.1キロ)
アンソニー・レオン:142ポンド(64.4キロ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY