この星の格闘技を追いかける

【TUF Nation Finale】動き少ない試合、TD&パンチでテレブ勝利

2014.04.17

<ミドル級/5分3R>
ノーディン・テレブ(カナダ)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
ビク・グルジック(豪州)

TUF Nation対決。地元のテレブに声援が集まる。左ローを見せたテレブ、接近戦で右フックを連続で打ち込む。グルジックが頭から突っ込むように左フックを見せるが、テレブは冷静にかわす。グルジックの攻撃を見ていたテレブが、左ジャブを伸ばしプレッシャーを掛ける。前に出ながら右を振るうグルジックに組みついたテレブが、ボディロックからテイクダウン。

細かいパウンドを落しつつ、テレブは振りの大きなエルボーも見せる。グルジックは足を効かせて隙間を作り、残り30秒で立ち上がったが、反撃の機会はなく初回を落した。

2R、グルジックのサイドキックに組みついたテレブがボディロックから豪快なテイクダウを決める。立ち上がられても、テレブはアウトサイドトリップで再度テイクダウンし左のパウンドを連続で落す。立たせないことを念頭のおき、細かいパンチを繰り返すテレブ。残り40秒で上体を起こして、左右終えルボーを落すとまたしっかりと胸を合せて抑え込む。このまま2Rも終了した。

最終回、グルジックが左を一発いれたが、後が続かない。それでもテレブのテイクダウンを切り、スタンドをキープしたが左ローから左ジャブを被弾する。グルジックは遠い距離から組みに行ったが、ワキを差し上げられ逆に倒される。ここからは、これまでと同じテレブが抑え込み中心で細かいパンチと時折りエルボーを落す展開に。グルジックはエルボーが顔面を真っ赤に染めながらタイムアップを迎える。健闘を称えあう両者、結果はタレブのフルマーク判定勝ちだった。コール後も見当を称えある2人だが、もう凄し動きが欲しい試合だった。

PR
PR

関連記事

Movie