この星の格闘技を追いかける

【BFC21】フジメグ、自身が驚くパウンド決着

Megu■女子120ポンド/5分3R
藤井惠(日本)
Def.3R1分58秒/TKO
セラ・スナイダー(米国)

【写真】鉄槌、パウンド、そしてエルボーと関節技よりもパウンド系の攻撃が目立ったフジ・メグのベラトールFCデビュー戦 (C) MEITH MILLS

ジョシュ・バーネットと赤野仁美をセコンドに帯同し、ベラトール初出場を果たした藤井。サウスポーの構えから右、左と拳を伸ばす藤井は、前蹴りをスナイダーに掴まれ一瞬バランスを崩す。左ミドルにパンチを合わされた藤井だが、すぐに組みつき、テイクダウンを奪う。四の字フックでクローズドガードを取り、タイトにしがみつくスナイダーに対し、動きの取れない藤井は窮屈な姿勢で右のパウンドを落とす。

藤井はスナイダーを持ちあげ、スラムで叩きつけるが、それでもガードはオープンにならない。ここでレフェリーがブレイクを掛け、試合はスタンドで再開となる。ワンツーを打ち込んだ藤井は、スナイダーのバックスローに対し、テイクダウンを合わせ、試合はグラウンドへ。ハーフガードからマウントへ移行したが、ガードに戻されボディロックを取られる。スナイダーの鼻頭は流血で真っ赤に染まっているが、1Rはそのままの状態でブレイクが掛かり、初回が終わった。


2R、パンチで前に出てくるスナイダーにテイクダウンを仕掛けた藤井。スナイダーはこれを切り、バックをうかがうが、前方に振り落とされてガードへ。ハイガードのスナイダーにパウンドを落とす藤井、レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。パンチを3発打ち込み、再びテイクダウンに成功した藤井だったが、ポジションを奪いきれず、スナイダーのハーフガード&クローズドガードで試合は膠着気味に。ハイガードからラバーガードを仕掛けるスナイダーだったが、両者の動きが止まり、試合は最終ラウンドへ。

スナイダーのパンチの連打に真っすぐケージまで下がった藤井だが、直後にミドルをキャッチしてテイクダウン。ハーフを取るスナイダーに対し、セコンドのジョシュの指示通り、右エルボーを落とすとパスからニーイン、一度は逆側のサイドに回り、マウントを奪取する。

回転数の早いパンチを落とすと、二度ほど背中を見せようとしたスナイダーに藤井はパウンドを続け、レフェリーはここで試合をストップした。「アイム・ベリー・ハッピー、エキサイティング。私の技を見せて、チャンピオンになりたい。(パウンド決着に)私も驚いている」と英語でインタビューに応えた藤井。シーズン3で行なわれる女子115パウンド・トーナメントに勢いをつけた。

<UFC112 DVDが発売>
BJ・ペンがまさかの王座陥落となった注目のフランク・エドガー戦に、物議を醸したアンデウソン・シウバ×デミアン・マイアなど、見逃せないラインナップで送るUFC初のアブダビ大会が早くもDVD化!

収録時間は、なんと約5時間13分で、価格は手頃な2,940円(税込み)!輸入盤DVD/リージョンフリー

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday