この星の格闘技を追いかける

【RFC Korea02】キム・ミンウ、流れるような動きでRNC極める

<フェザー級/5分2R>
キム・ミンウ(韓国)
Def.2R1分35秒 by RNC
ソン・チャンヒョン(韓国)

サウスポーのソン・チャンヒョンが右ロー、左ハイを見せる。キム・ミンウはパンチからローを返す。踏み込んだ際、両者の頭がぶつかるシーンも。キム・ミンウもハイからローを蹴るが、ソン・チャンヒョンが急所に当たったとアピールし、試合が中断する。再開後、キム・ミンウがワンツーからハイキックを放つ。ソン・チャンヒョンが左ミドルを入れ、直後にテイクダウンに成功する。キム・ミンウの蹴り上げを受けたソン・チャンヒョンが距離をとってスタンド戦を要求する。

首相撲からの崩しで一度はトップを取ったキム・ミンウだったが、直後に立ち上がったソン・チャンヒョンが再びテイクダウンに成功する。ここも寝技に拘らず立ち上がったソン・チャンヒョンは、左ハイを放っていく。ソン・チャンヒョンは左ストレートからアッパー、キム・ミンウがヒザを返す。韓国らしくジム単位での声援が行き交う中、キム・ミンウの右でソン・チャンヒョンの動きが止る。追撃を受けたソン・チャンヒョンがマットに崩れ、立ち上がった直後に初回が終了となった。

2R、キム・ミンウの右ハイ、ソン・チャンヒョンは左ストレートを返す。キム・ミンウは右前蹴りから右ハイを見せるも、これはソン・チャンヒョンがブロックする。打撃で圧し気味になってきたキム・ミンウは、ソン・チャンヒョンのシングルレッグのテイクダウン狙いを潰して、バックに回り込んでRNCへ。しっかりと右腕が喉下に食い込むと、ソン・チャンヒョンが溜まらずタップ。流れるような動きで、キム・ミンウが一本勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie