この星の格闘技を追いかける

【TUF China Finale】日沖発 「巻き返しに期待してください」

2014.02.18

Hatsu Hioki

【写真】会見後にすぐ名古屋に戻り、練習が待っているという日沖発。シャドーの動きは軽やかだった (C)MMAPLANET

18日(火)代官山のReebok Crossfit Daikanyamaで徳留一樹と日沖発がオープンワークアウトと記者会見を行った。

3月1日(土・現地時間)、マカオ大会でアイヴァン・メンジヴァーと戦う日沖は、名古屋からトンボ返りで上京した。連敗脱出を目指す、日沖の会見の模様をお届けします。

――現在のコンディションはいかがでしょうか。

「調子は良いです。良い感じの練習ができています。コンディションもバッチリです」

――体重の方は?

「体重も問題ないです。今、70キロちょっとぐらいで、もう絞った状態です」

――アイヴァン・メンジヴァーの印象を教えてください。

「昔からやっていてキャリアの長い選手、経験がある選手だと思います。フィニッシュする力を持っている選手で、UFCでもしっかりフィニッシュして、一本を取ったり、フィジカルをいかしたパウンドでTKO勝ちしています。フィニッシュ力があるという印象があります」

――印象に残っている試合はありますか。

「フィニッシュをしっかりしている試合は印象に残っています。ウィルソン・ヘイスという選手とやった試合では、逆に良さを出せなかった試合なので、これも研究材料として印象に残っている試合です」

Menjivar【写真】アイヴァン・メンジヴァーはUFCで4勝4敗、バンタム級からフェザー級に階級を戻す。GSPのMMAデビュー戦の相手を務めている(C)GONGKAKUTOGI

――現在、3連敗中です。この試合に掛ける気持ちは?

「そうですね。もちろん、負けちゃいけない試合だと感じています」

――メンジヴァーよりも上回っている点は?

「まず体格が違います。自分の方がかなり大きいし、距離も違うと思います。テイクダウン能力も優っていると思います。ですからスタンドに関しては、距離とテイクダウンで支配できればというのは自分のなかであります。グラウンドになった時も、柔術的な動きでも負けていない。トータル的に見ると、スタミナを重視してしっかりと調整しているので、そこも自信があります」

――リーチがあって、テイクダウンを武器にしている相手が続いていましたが、背の低い選手と戦うことで注意している部分はありますか。

「距離感としては、今までやって来た相手とは違うというのはあります。寝技も含めての一発がある選手で、テイクダウンして固めてくることはない。一発で極める感覚を持っている選手だと思うので、そこは気をつけたいです。寝技で一本を狙ったり、打撃でもバックハンドブローだとかヒジ打ちだったりを狙ってくるので、そこも注意したいです」

――攻めも守りも、かなり力を入れて戦っている印象があります。

「そういうところがある選手かもしれませんね。う~ん、もっと力のある選手とやってきているので、驚くことはないと思います」

――メンジヴァーのスタミナは、どのように考えていますか。

「スタミナにモノを言わせるタイプでなく、どちらかというとペースを掴むことによって、自分のスタミナを使わないようにしている戦い方をしてきます。こっちがペースを掴んで疲れさせたいと思います」

――スタミナをつけるトレーニングは、どのようなことをされてきたのですか。

「主に走り込みです。スパーリングでも連続で数をこなしたり、もちろんサーキットトレーニングもやってきました。スタミナ全般ですね」

――マカオで戦うことをどう捉えていますか。

「どこだとか拘っている状況ではなかったのですが、後から考えてみると時差が少なかったり、同じアジアだし戦いやすいかと思います」

――これまで時差が原因で、減量が厳しくなったりしたことはありますか。

「減量は大丈夫なのですが、時差ボケ対策は色々とエネルギーを使わないといけないことがあったので、そういう意味ではマカオはやりやすいと思います」

――連敗という状況、自分の練習ができていなかったのか、相手が強すぎたのか。どちらが原因だと考えていますか。

「それは色々な要因があるのですが、結果としてそのように出ていても、本当に紙一重の部分もあると思います。その小さなことが結果に出てしまうし、一口で練習がこうだとか、分かりやすい結論で言えるものではないです。要因はいくつも探ってきましたし、今できることを全てやってきました。

まぁ、どんなファイターでも負けることはあると思います。どんな仕事をしていても、良い時も悪い時もあると思います。チョット流れが悪かった時もありましたけど、ここから切り返して……。まぁ、ここからです。巻き返しに期待してください」

PR
PR

関連記事

Movie