この星の格闘技を追いかける

【UFN36】失速のマルセロ、挽回の機会なくタイムアップに

2014.02.16

<ライト級/5分3R>
ジョー・プロクター(米国)
Def.3-0: 29-28, 30-27, 29-28
クリスティアーノ・マルセロ(ブラジル)

左ローを見せるマルセロ。ワンツーで前に出るプロクターにテイクダウンを仕掛ける。プロクターのギロチンを防ぎ、ケージに押し込むマルセロがテイクダウンに成功する。プロクターは再びギロチンを仕掛けるも、頭を抜いたマルセロがボディにパンチを連続で落す。マルセロはプロクターの十字狙いを余裕をもって防御し、パスを狙う。ガードを越えさせないプロクター、マルセロがインサイドガードに収まる。アキレス腱固めを仕掛けたマルセロ、プロクターが体を捻って立ち上がる。

プロクターはマルセロのテイクダウン狙いに、ここでもギロチンで迎え撃つが極め切れず、初回が終わった。2R、右を大きく振るうプロクター。距離を取ったマルセロがローを返す。マルセロのダブルレッグも決らず、試合がなかなか動かない。ケージ際での組み合いで両者ヒザを蹴り合うと、プロクターの左右のフックでマルセロが頭を下げてパンチを返す。距離を取り、右を入れたマルセロだが、逆に右ストレートとアッパーを被弾する。ケージを背にしてパンチを被弾するシーンが増えたマルセロ。ガードを固めてサイドに逃げる。互いに回転系の蹴り、パンチを空振りし2Rが終了となった。

最終回、プロクターの右フックを受けたマルセロが腰砕けに。ガードを取ったマルセロだが、プロクターは寝技に付き合わない。マルセロもショートフックの連打から前に出てヒザ蹴りと反撃を見せるも、右フックを再度受けて動きが落ちる。プロクター優勢のまま試合は残り2分を切る。右フックで再び動きが泊まったマルセロは、テイクダウンに逃げるがプロクターがスプロールしスタンドへ。右から左を被弾したマルセロは、左ジャブを伸ばすも勢いは感じられない。再びテイクダウン狙いを切られ、右フックを受けたマルセロに挽回の機会が訪れることなく、パンチを受け続けて試合はタイムアップに。結果、プロテクターが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF