この星の格闘技を追いかける

【Bellator213】カイ・カマカ3世がテイクダウン&トップコントロールでミキを相手に逃げ切り判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
カイ・カマカ3世(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ショージン・ミキ(米国)

左ボディを連打し、右ストレートを見せてからダブルレッグを決めたカマカ。首を抱えるミキの左足を四の字ロックで固めたカマカが、ボディロックからミキの背中をマットにつかせる。カマカはクローズドガードのミキはパウンドを落とし、立ち上がって勢いのあるパンチを見舞っていく。ハーフから左のパンチを連打し、起き上がってきたミキのボディにヒザを突き刺したカマカは、ボディへのパンチから即テイクダウン──さらにマウントへ。ミキは背中を向けて、初回の終了を待った。

2R開始直後にシングルレッグでテイクダウンを狙ったカマカが、ミキのキムラ狙いを防ぎハーフで抑える。肩パンチからヘッドアーム・コントロールが、細かいパンチを打っていく。時間をかけて削るカマカに対し、ミキはスクランブルに持ち込めない。残り2分半でブレイクが掛かり、カマカは左ハイ。そしてダブルレッグでテイクダウンを奪う。ここもキムラを仕掛けるミキ腕を抜いたカマカがエルボー、そしてボディのパンチを入れる。

再びキムラをセットしようとしたミキだが、結局は腕を抜かれてバックを取られる。思い切り右のパンチを連打するカマカに対し、ミキがガードを取り直したところでラウンドがタイムアップを迎えた。

3Rもカマカのダブルレッグで始まり、ミキは耐えることができず背中をつける。ミキはキムラでスイープに成功すると、サイドを取って腕を絞る。腕を抜いてガードを取ったカマカが、この試合で初めてボトムへ。鉄槌やパウンドを落とすミキに対し、カマカはガードで固まる。ミキはさらに蹴り上げから立ち上がろうとしたカマカのバックを取り、ワンフックからパンチを打っていく。

着地したミキにシングルを仕掛けるカマカは、エルボーを受け続ける。鉄槌、ヒジ打ちを入れるミキだが、ケージに押し込まれた状態が続く。残り時間20秒を切って、レフェリーがブレイクを賭けたが、形勢が大きく変わることはなかった。

結果、カマカが3‐0で判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie