この星の格闘技を追いかける

【Pancrase292】最初の2つのラウンドを取った上田将竜が、スコアを頭に入れて戦い安永を破る

<フライ級/5分3R>
上田将竜(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
安永有希(日本)

前足が小刻みに変わり、左右に動く安永。上田はミドルを蹴り、一気にダブルレッグを決める。安永はギロチンを仕掛け、上田は動きを止めるが、レフェリーの呼びかけにしっかりと返答をする。ケージを蹴った安永に対し上田は頭を抜く。ここで安永がヒップスローを狙う。安永のキムラロック、上田のボディロックの状態が続き、安永らクラッチを外す。上田がここで顔面にパンチを落とし、足首を掴んで飛び込む。パス狙いからバックに回った上田は落とされないように足のフックを狙う。そのままの態勢で初回が終わり、初回は上田が取った。

2R、独特のステップの安永が前に出て右を振るったところで、上田が組んでテイクダウンを決める。初回より、ギロチンがなかった形で試合が流れ上田がバックマウントを伺う。胸を合わせつつ、上田を落とし立ち上がった安永。上田も足で着地し、試合はスタンドの展開に。上田はテイクダウンを仕掛けた際に足が滑ったか、ここで安永が組みかつ。それでも長身を利してオーバーフックで上田が固め、レフェリーがブレイクを命じる。

飛び込んだ安永を受け止めた上田は小手投げ、ここを耐えた上田がシングルへ出る。上田は内股を決めラウンドを連続して取った。

最終回、右ハイキックを受けた安永がダウン、パンチをまとめられガードを取る。起き上がってきた安永をがぶった上田がバックを狙うが、前方に落とされガードを取る。腕十字に続き、フックスイープなど下からも仕掛ける上田に対し、安永は足を一本抜くが。フルガードに戻される。2つのラウンドを取っている上田は、ラウンド序盤にハイキックでダウンを奪っており――これで十分。上田の攻めを細かいパンチに防ぎ、時間が経過していく最後にバックを取り鉄槌を落とした安永だが、上田はスクランブル、そして引き込んでタイムアップを迎えた。

結果、上田が3‐0で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Arzalet

ONE DAY