この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC24】カミンズ怒涛の腕十字ラッシュも、防ぎきったフレイが判定勝ち

<アトム級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
アシュレイ・カミンズ(米国)

右ストレートから左フック、そしてハイキックを矢継ぎ早に繰り出したカミンズがダブルレッグへ。押し返したフレイは逆にシングルレッグでテイクダウンを奪う。カミンズはクローズドガードからフックガード、腰を切って腕十字狙いも腕を対応したフレイがパスを狙う。

シングルから立ち上がったカミンズは、切られると離れて打撃の間合いに。左右のパンチを振るうカミンズに対し、フレイはボディショットからイージーにダブルレッグでテイクダウンに成功する。フレイは立ち上がってローを連続し、カミンズが立ち上がるとミドルを蹴り合う。カミンズは右ハイを蹴り、組み行く。組んでも倒されるカミンズ、テイクダウンを許してからは守りが固い。結果、上を取るフレイのラウンドとなった。

2R、打撃の交換後にケージ際のクリンチでフレイがダブルでテイクダウン。カミンズはハイガード、ケージを蹴って腕十字へ。一度ガードに戻し、即後方回転でもう一度カミンズが腕十字を仕掛ける。仰向けにされたフレイは肩を抜いてエスケープも、さらにカミンズは腕十字を狙う。ヒザを顔において腕を抜いたフレイは、カミンズの立ち上がり際にバックへ。

ここで離れたフレイは、またもダブルレッグを決める。エルボーを落としたフレイ、カミンズは4度目の腕十字へ。左腕が伸びかけているフレイは体を起こしてクラッチ、やがてヒジを抜いた。テイクダウンと腕十字、これまでの北米MMAではテイクダウンを取る傾向にあったが、フレイはその後がなかった――ジャッジはいかに判断するか。

最終回、左ジャブ&右ハイを見せるカミンズ。ワンツー&ミドルに組んだフレイがテイクダウン。カミンズは下を望んでいるようだ。ここもハイガードのカミンズにフレイがエルボーを落としていく。フレイはヒジを張って十字対策、カミンズが立ち上がろうとするとバックを制してパンチを入れる。足を戻しハーフガードの態勢となったカミンズがフルガードに戻す。そして腕十字へ。

もう十分に予測していたフレイが、ヒジを胸に寄せて防ぎパウンドを入れる。フレイはトップのままタイムアップを迎えた。

3-0 の判定勝ちを手にしたフレイは「腕十字は何度かタイトだったけど、柔術プレイヤーとは練習してきたから大丈夫だった。次?」といいベルトを巻く仕草を見せた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie