この星の格闘技を追いかける

【Bellator180】2 R移行はソネンがテイクダウンとトップコントロールでヴァンダレイを完封

<ライトヘビー級/5分3R>
チェール・ソネン(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)

ダブルレッグを決めて、パウンドの連打で追い込むソネン。立ち上がり、勢いよくソネンがパウンドを連打し、あわやストップもあると思われた展開で持ち直したヴァンダレイ。試合がスタンドに戻ると、一気呵成に攻めてきたソネンに右フックを打ち込む。ソネンは腰から崩れ、ダウン。上を取ったヴァンダレイだが、続くパウンドの追撃をしのいだソネンはシングルからトップを取り返し、ラウンドを戦い終えた。

2R、ヒザを狙ったソネンに対し、ヴァンダレイのフックが襲う。テイクダウンに切り替えたソネンにヴァンダレイはギロチンで頭を抱える状態が続く。ブレイク後、ダブルレッグに気を付けろという声も虚しく、ヴァンダレイは即テイクダウンを奪われる。トップからコツコツとパンチを落としていく。腰をあげてパンチ、エルボーに体重をかけて見舞っていくソネンが、そのままトップをキープして試合は最終ラウンドへ。

3R、手打ち気味のパンチから、思い切り右フックを振るうヴァンダレイだが、ソネンはダブルレッグでテイクダウン。レッグドラックからマウントを狙うも、ここはヴァンダレイが足を戻す。ハーフのままでアームロックを狙うソネンが、右ヒジをヴァンダレイに打ちつける。

腕を伸ばしにかかるソネンは非常に堅い試合展開を見せる。アームロックとパスのコンビを続けたソネンに対し、ヴァンダレイは背中を付けた状態から逃がれられない。右腕を差せない限り、立ち上がることはないだろうヴァンダレイは、ブレイク待ちのところでマウントを許す。残り1分、ソネンはサイドに回り――偶発性のようなレッグドラッグポジション、そしてマウントを奪取し時間はもう30秒。

そのままマウントキープでタイムアップを迎えると、ヴァンダレイはソネンを大きく突き放す。しかし、これはMMA。キックボクシングではない。結果、3-0 でソネンが勝利した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie