この星の格闘技を追いかける

【UFN33】逃げ切り許さず、マガリャエスがリングを判定で下す

2013.12.07

<ミドル級/5分3R>
カイオ・マガリャエス(ブラジル)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ニック・リング(カナダ)

サウスポーのリングが右ジャブを伸ばすと、マガリャエスが踏み込んで右ミドル、リングは左ミドルを返すと、マガリャエスも左ミドルを繰り出す。マガリャエスは右フックを打ち込むも、指が目に入ったと主張し、試合は一時中断する。再開後、右ジャブをダブルで放ったリングが軽い左ハイを蹴っていく。大振りのフックで対抗するマガリャエスが組みつくも、試合は打撃の間合いに戻る。

真正面からダブルレッグを狙ったマガリャエスだが、リングはスプロールしケージに押し込まれても体を入れ替える。首相撲からヒザを突き上げるリング、成す術なくヒザを受け続けたマガリャエスはヒザを受けて、シングルレッグでテイクダウンを奪われる。バタフライガードを潰され、背中をマットにつけたマガリャエスだが、ヒールフックを仕掛ける。体を捻って足を抜いたリング、試合はスタンドに戻る。首相撲からのヒザ、さらに右フックを打ち込んだマガリャエスだが、残り20秒でテイクダウンを奪われる。

2R、大きな振りのパンチにダイレクトの左や右のカウンターを合わされるマガリャエス。真っ直ぐ突っ込むダブルレッグは潰され、逆にリングがダブルレッグでテイクダウンを取り、サイドからアームロックで攻め込む。エルボーを落としクルスフィックからパンチを連打するリングだったが、マガリャエスがリバーサル。バタフライガードのリングに対し、マガリャエスは腰をコントロールしてパスを狙う。パスは許さないリングだが、ガードを強いられた展開が続く。三角狙いも防がれたリング、マガリャエスもダメージを与えてわけでなく判断の難しいラウンドとなった。

最終回、左右のローを蹴り込むマガリャエスに対し、リングは右ジャブ、左ストレートを伸ばす。マガリャエスはショートフックを見せ、体を振るようにワンツーを打ち込む。たまらず引き込んだリングはバタフライガードに。足を一本抜いたところでブレイクが掛かり、試合はスタンドへ。

リングはすぐにテイクダウンを仕掛けるも、マガリャエスががぶってボディにヒザを入れる。円運動でテイクダウンを執拗に狙うリングはクラッチが切れそうになるところで踏みとどまる。と、再度ブレイクが掛かり試合はスタンドに戻される。

ここでもシングルレッグをすぐに仕掛け、潰されるリング。背中に乗ってパンチを落すマガリャエスが、そのままトップから鉄槌を続け試合がタイムアップに。攻守のハッキリした一戦は3-0でマガリャエスが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie