この星の格闘技を追いかける

【AJJC2016】ルースター級制覇、橋本知之<02>「ブルーノにもミヤオにも。もちろんカイオにも勝ちたい」

tomoyuki-hashimoto【写真】飄々とした表情で、淡々とした口調。そしてズゲズゲと本音を話す橋本(C)MMAPLANET

10&11日(土・日)に東京都足立区の東京武道館で国際ブラジリアン柔術連盟=IBJJF主催のアジア柔術選手権2016(Asian Jiu-Jitsu Championship 2016)でルースター級を制した橋本知之インタビュー後編。

アジア4連覇中、世界に最も強い日本人柔術家である芝本幸司に勝利した橋本は、これで2年間のムンジアル出場権を得た。そんな橋本にとってムンジアル、そしてその道程とは。橋本節前回のインタビュー第2弾をお届けします。

<橋本知之インタビューPart.01はコチラから>


──改めて芝本選手を超えた事実をどのように捉えていますか。

「超えたというか、一つ勝っただけです。しかも明確な実力差はついていないですし、紙一重で勝っただけなので。もっと明確な差をつけて勝たないといけないと思っています。

でも、芝本さんに勝ったことを評価してもらえるのは嬉しいです。僕の主観ですけどルースター級でガチでやっている人は芝本さん以外、それほどいない。柔術だけを仕事でやっているのは芝本さんと僕だけなので、そういう同じ環境でやっているからこそ、勝たないといけないです」

──初戦などは入り方として、どのような点を注意していたのでしょうか。

「勝つこと優先です。オモプラッタが入ったので、そこから極めたかった気持ちはありますが、それほど消耗しないように戦おうと思っていました。でも油断は絶対にしないです。慎重に戦っていました」

──アジア選手権を制したことで2年間ムンジアルに出場できます。

「ワールドに出るの結構イージーですよね。4人しか出ていないトーナメントで優勝して、2年も出られるのは」

──ハハハ。そういう印象ですか。

「米国で国際大会も多いし、ポイントを稼げているから強い選手はアジアまで出てこないんですよね」

──それでもヨーロッパ、パンでポイントを稼ぐ必要なくムンジアルに出られるのは大きくないですか。

「出るのはそんなに難しくないんです。小さい国際大会もあるし、頑張ってお金を使えば出ることは難しくない。でも、ワールドで勝つのは難しい。そこが本番なので。強ければ、自然とポイントは取ることができます」

──9カ月間、ムンジアルを想定してトレーニングができることに関してはどのように捉えていますか。

「う~ん、でもアジアで芝本さんに負けていたら、ワールドで絶対に勝てないし。ここで芝本さんに負けて、パンやヨーロッパでもポイントを取れないのなら、もうしょうがないですよね。力がないということなので」

──他の階級との違いは、やはり芝本選手がいることだと思います。一つ上手くいけばムンジアルで表彰台に乗ることができる力の持ち主がいるのがルースター級なので。

「う~ん、でも徐々に難しくなっていっていると思いますよ。ルースター級もベスト8ぐらいで若い強い選手が増えてきているのでトップ3に入るのも。つまり、僕もベスト8のなかでチョット強い方。ベスト4の実力があるかは、まだじゃないですかね」

──トップ3は明確なルースター級ですが、トーナメント枠次第では表彰台に橋本選手も登ることができるということですね。

「でも、勝ちたいですよ。ブルーノにもミヤオにも。もちろん、カイオにも。カイオのところは練習させてもらっていても、同じアカデミーではないので戦うだろうし」

──では、今後ムンジアルに向けてどのようなトーナメントに出ていく予定でしょうか。

「海外じゃないですけど、来月にはJJFJのグランドスラムに出ます。アブダビの大会は階級が違うので、62キロ級に出場します。マイキー・ムスメシが出るんですよ」

──おお、それは楽しみです。

「マイキーはライトフェザー級だと思うので、ちょっとデカいですけどね。体重を落としすぎたのか、ルースターではそこまで強いとは思わなかったです」

──嶋田裕太選手は茶帯で世界に出る、その経験の大切さを唱えていました。

「う~ん、茶帯で海外で戦わないと実力がつかないかどうかは分からないですけど、茶帯で結果を出せないと黒帯では100パーセント結果は出せないです。下の帯で負けていると、100パーセント黒帯では勝てない」

──では国内の大会で戦績を積んでいる選手たちはどうなりますか。

「世界の基準を知ることは大切です。国内の紫、茶帯とは全く違います。国内だとアンディ・ムラサキとかヤバいですけど、アイツはワールドクラスです。世界の基準で帯も上がっています。対して日本の基準でパンパン上がっているのと……、世界は全然レベルが違います。紫で優勝する連中なんて、本当にヤバイですから」

──そういう選手たちが年々上がって来るムンジアル。2017年に橋本選手が目指すところは?

「目指すところは優勝ですけど、強くなれるように考えていくことです。圧倒的な差はないですけど、ちょっとした差を埋めるのが難しい。僕だけでなく向こうも強くなっているので」

──だからこそ、アドバン1差で芝本選手に勝ったことは大きかったと思います。

「そうですね。嬉しかったです。ホッとしたというか。少しでも強くなれていることは確認できたので。なので、予定通り強くなるためにケガのないようにしていきたいです。いっぱい練習して、あまり無理せずに(笑)」

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie