この星の格闘技を追いかける

【UFC167】注目セルジオがノンストップバトル制し、初陣飾る

2013.11.17

<バンタム級/5分3R>
セルジオ・ペティス(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
ウィル・カンプザーノ(米国)

注目のセルジオ・ペティスの初陣は、VJTで裁定問題もあったカンプザーノだ。ステップを使うセルジオにダブルレッグを決めたカンプザーノ。セルジオはギロチンから立ち上がり、右ミドルを見せるもキャッチされテイクダウンを再び許してしまう。カンプザーノのパンチに合せて立ち上がったセルジオだが、バックを取られそうになる。胸を合わせ、足を払ってテイクダウンを奪ったセルジオは、距離を取ると立ち上がったカンプザーノに綺麗な右ミドルを決める。

カンプザーノの左ミドルをいなし、セルジオは右ローを入れる。カンプザーノの右ストレートに、右ローを合せるセルジオ。前に出てローでプレッシャーを与え右ストレート、首相撲からヒザを突き上げる。再び右ローから右ストレートを決めたセルジオ。カンプザーノも右を返し、残り1分へ。左ハイを見せたセルジオは、スイッチから左ニーを放つ。これを受け止めたカンプザーノがテイクダウンへ。残り10秒、カンプザーノがトップをキープし初回を戦い終えた。

2R、前に出るカンプザーノに左ジャブ、左ハイを放つセルジオ。テイクダウンを切って、左右の構えから蹴り、右と左のパンチを入れる。オーソで右ストレート、サウスポーから左ミドルを入れるセルジオは、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。バタフライガードから立ち上がろうとしたカンプザーノにダースからギロチン、さらにキムラと攻め込むセルジオはバックマウントを取る。直後に胸を合わせたカンプザーノは三角をかわしてパウンドを落す。引き続き三角狙いのセルジオはラバーに出るが、担いだカンプザーノがパウンドからバックコントロールへ。

残り90秒、タートルガードのセルジオは立ち上がり、バックを許さずシングルフックを利用し、トップを取り返す。蹴り上げからカンプザーノが立ち上がると、組みにセルジオがヒザを蹴り込む。動きを落したカンプザーノに左の後回し蹴りを入れたセルジオ。ラウンド終了後にカンプザーノはニュートラルコーナーにしゃがみこんでしまった。最終回、かなりスタミナが厳しくなったカンプザーノに対し、セルジオはステップバックから左ジャブ。後ろ回し蹴りを見せ、組んできたカンプザーノにパワーギロチンを仕掛ける。

頭を抜いたカンプザーノは直後にテイクダウンを決め、ハーフへ。セルジオはラバーガードも、エルボーを受けそうになる。カンプザーノはトップをキープし時間が過ぎていく。残り2分を切ってセルジオの三角を担いだカンプザーノがパスのプレッシャーを強める。スクランブルの攻防を制したカンプザーノだが、セルジオも蹴り上げから立ち上がり左ボディから右ストレートをヒットする。残り1分、シングルを切ったセルジオはバックに回り込んでエルボー。胸を合わすと、最後の最後にセルジオがテイクダウンを奪いサイドマウントへ。ここでタイムアップとなったノンストップアクションは、3-0でセルジオに。30-27をつけた二人のジャッジは、テイクダウンよりも、ダウンに至らない打撃のヒット=タッチやタップに至らないフロント系のチョークを有効としたことになる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie