この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL10】切れの無い試合、アルカンタラ勝利も観客はBoo

2013.06.09

<ウェルター級/5分3R>
イルデマウ・アルカンタラ(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
レアンドロ・シウバ(ブラジル)

いきなり右ハイを見せたアルカンタラ。距離を取ったシウバは、ケージを背にしながらスイッチを見せるも、ヒザを受ける。逆にボディへのヒザをアルカンタラのボディに突き上げたシウバ。引き続きケージを背にしながら戦うも、アルカンタラが右ハイキックを空振りし、姿勢を乱して尻餅をつくとトップを奪取する。

立ち上ったアルカンタラにシングルを仕掛けたシウバだが、アルカンタラが距離を取る。シウバはアルカンタラの蹴り足を掴んでシングルからケージに押し込む。キャッチした右足が、自らの左足の外側にあり倒し切れないシウバ。逆にアルカンタラがボディロックからテイクダウンに成功する。

シウバの足関を潰したアルカンタラはハーフからパウンドへ。アルカンタラがスタンドに戻ると、レフェリーがブレイクを要請し、スタンドに戻る。シウバは後ろ回し蹴りを見せるも、これは空振りに。最後にシングルを狙ったところでラウンドが終了した。

2R、ローからジャブと自ら動いたシウバだったが、ここでもケージに追い込まれてしまう。ハイの応酬のあと、スイッチを取り入れたアルカンタラが、再びプレッシャーを与えると、ボディへテンカオ。シウバも初回より前に出るようになり、鋭い左ローを見せる。と、シングルレッグを仕掛けたシウバが引き込み、ブレイクに。場内のブーイングが大きくなるなか、両者のスタンドでの間合いの取り合いが続く。

前に出るのはアルカンタラだが、手数は少ない。アルカンタラは残り1分強で後ろ回し蹴りを見せるも、距離は合わない。残り30秒も両者の接触は少ないまま、シウバが自らの後ろ回し蹴りでバランスを崩したところで2Rが終わった。

最終回、打撃を見せろというセコンドの指示を受け、前に出てパンチと蹴りを見せたシウバだったが、アルカンタラの左ミドルにケージに追い込まれていく。さらにパンチを伸ばすアルカンタラ、滑り込むようなシウバのテイクダウン狙いは決まらない。シウバは右ストレートからローを蹴り込むと、ここでもシングルレッグへ。ケージに押し込まれたアルカンタラだが、逆に両差しから小外刈りでテイクダウンを奪取する。

立ち上って振りの大きな右を落したアルカンタラが、トップから細かいパウンドを見せる。と、顔面を蹴り上げたシウバに注意が与えられる。再開後、アルカンタラがスタンドに戻ると、ようやくシウバが打撃でプレッシャーを与えに掛かる。と、アルカンタラはすぐくにダブルレッグでテイクダウンに。ポイントスコアしたアルカンタラは、寝技を続けることなくスタンドに戻り、試合終了の時を大きなブーイングとともに迎えた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie