この星の格闘技を追いかける

【UFN75】小谷、ジョンソンのロングリーチに苦しめられ3連敗

<ライト級/5分3R>
ケイジャン・ジョンソン(カナダ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 30-27
小谷直之(日本)

ジャブで距離を取り、右ストレートと右ハイキックを伸ばすジョンソン。サウスポーの小谷はなかなか距離を詰められない。ジョンソンは前蹴りも使いつつ、鋭いステップインから右ストレートを打つ。構えをサウスポーにスイッチしながらプレッシャーをかけるジョンソンは、オーソドックスから右ストレートと右フック。これで小谷の動きが止まり、すぐに追撃の右ハイキックを蹴る。

小谷も何とか踏ん張り、態勢を整えるとシングルレッグへ。ここからテイクダウンを狙うがジョンソンは倒れない。距離が離れるとジョンソンはすぐに打撃のプレッシャーをかけ、下がる小谷にバックスピンキック。リーチを生かした打撃でジョンソンが初回をものにした。

2R、両手を上下させ、下がる小谷を追いかけまわすジョンソン。小谷は遠間からシングルレッグに入るも、テイクダウンを奪えない。下がる展開が続く小谷は意を決して左ストレートで前に出ていくが、逆にジョンソンのカウンターの右ストレートでダウンを奪われ、パウンドを浴びてしまう。

何とか立ち上がる小谷だが、ジョンソンは飛びヒザ蹴りを発射。小谷がそれをキャッチしてテイクダウンを狙うが、ジョンソンが小谷の身体を押しつぶしてパウンドと肘を連打する。ケージに身体を預けて立ち上がる小谷。しかし再びジョンソンの右ストレートで尻餅をついてしまい、スタンドでは劣勢が続く。逆にジョンソンが1R以上に打撃で差をつけるラウンドとなった。

3R、左ストレートで前に出る小谷。ジョンソンは構えをサウスポーにスイッチして距離を取る。小谷は強引に距離を詰めて四つ組みからテイクダウン、トップキープしながらパンチを落とす。ジョンソンも下から足関節や腕十字を狙い、小谷はそれを潰して鉄槌を落とす。ここで小谷が起死回生の足関節を仕掛けるが、ジョンソンが足を抜いて立ち上がる。

試合がスタンドに戻ると小谷はすぐにシングルレッグに入ってテイクダウンを狙うが、ジョンソンは倒れない。最後はジョンソンが小谷のタックルを切って距離を取る展開で試合終了となり、ジョンソンが判定勝利。これで小谷はUFC復帰後3連敗となった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie