この星の格闘技を追いかける

【UFC FX08】ガンバーリャン再欠場、レンツがディアスと対戦へ

2013.03.26

Lentz

【写真】昨年8月の光岡映二戦でも、レンツはケージ際の攻防の強さを十分に見せつけていた(C)GONGKAKUTOGI

25日(月・現地時間)、5月18日(土・同)にブラジルはサンタカタリーナ州ジャラグァドスウのアレーナ・ジャラグァで開催されるUFC FX08 「Belfort vs Rockhold」のカード変更がUFCより発表があった。

同大会でハクラン・ディアスと対戦予定だったマニー・ガンバーリャンが負傷欠場、代役でニック・レンツが出場する。2月のラスベガス大会でチャド・メンデスと対戦予定だったがガンバーリャンは、この試合を負傷欠場となり、先日メディカルから5月のブラジル大会出場の許可が下りた直後に、またもケガが理由でディアス戦を欠場することとなった。

代役のレンツは、昨年8月のフェザー級転向以来、2連勝中で通算UFC戦績は7勝2敗2NCとライト級時代からその実力は認められてきた。レンツの代役出場は、ガンバーリャン欠場の穴を埋めて余るほど。TUF出身ではないが、実力的には遜色ないどころかレンツの方が上回るといってもおかしくない。ディアス×レンツ、打撃とテイクダウン、ともケージ際の攻防を制した者が勝利に近づくねちっこい一戦となりそうだ。

■UFC FX08対戦カード

<ミドル級/5分5R>
ヴィトー・ベウフォート(ブラジル)
ルーク・ロックホールド(米国)

<ミドル級/5分3R>
コスタ・フィリッポウ(キプロス)
ジャカレ・ソウザ(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー(米国)
セザー・フェレイラ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
エヴァン・ダナム(米国)

<フェザー級/5分3R>
ハクラン・ディアス(ブラジル)
ニック・レンツ(米国)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
マイク・リオ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ユーリ・アルカンタラ(ブラジル)
マルコ・ヴィニシウス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
パウロ・チアゴ(ブラジル)
ランス・ベノア(米国)

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
クリス・カリアソ(米国)

<フライ級/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル)
アザマット・ガシモフ(ロシア)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・マルドナド(ブラジル)
ロジャー・ホレット(米国)

<ライト級/5分3R>
グレイゾン・チバウ(ブラジル)
ジョン・チョリッシュ(米国)

<ライト級/5分3R>
ルカス・マルチンス(ブラジル)
ジェレミー・ラーセン(米国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie