この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL07】ダウン奪われたエティム、凱旋勝利ならず

2013.02.17

<ライト級/5分3R>
へニー・フォルチ(ブラジル)
Def.3-0:29-28, 29-28, 30-27
テリー・エティム(英国)

いきなり右ストレートで飛び込んだフォルチ、しっかりと間合いを外したエティムは右ローを蹴り込んでいく。さらに右ハイを放つエティム、フォルチのパンチには距離を取り、離れてはローをヒットさせる。前蹴りからパンチの連打を見せるフォルチは、エティムの蹴り足を掴んでバランスを崩すと、組みついてドライブ。

ケージに押し込まれたエティムは、手首を掴んでディフェンスし、フォルチはこれ以上攻められなくなる。と、距離を取りなおしたエティムはハイ、前蹴りと足技を見せ、左ジャブから右ローを放つ。この蹴りを掴まれそうになり、バランスを再び崩しそうになったエティムが、自分から組みに行くも、フォルチは体を入れ替えてケージに追い込みエルボーを繰り出す。

エティムのスピニングバックキックに組みついたフォルチがテイクダウンを奪うも、エティムがすぐに立ち上がったところで初回が終了となった。2R、蹴りだけでなくパンチを見せるようになったエティムだが、フォルチは強引に距離を詰め、ケージに押し込んでいく。腰をコントロールするフォルチ、エティムは首相撲からヒザ蹴り。距離を取ったフォルチの荒いパンチがエティムに襲い掛かる。と、左フックを受けたエティムがダウン。

ハーフガードのエティムに対し、フォルチは強烈なパウンドを落していく。さらにエルボーを見せたフォルチは、パスからマウントへ。最後の10秒でパウンドを落し続けた。最終回、再び荒いがスピードのあるフックでエティムを攻めるフォルチ。ケージに押し込み、ブレイクが掛かると直後にスーパーマンパンチを打ち込む。首相撲からヒザを蹴り上げるも、すぐにケージに押し込まれてしまったエティムはテイクダウンを許してしまう。

パウンドを連打するフォルチに対し、動きが重いエティムはしがみつくようなディフェンスを取るのが精いっぱいか。そのままガードを強いられ続けたエティムは、有効な反撃もできないまま母国で判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Movie