この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL07】サスの足関&三角絞め攻略し、カスティーリョが完勝

2013.02.17

<ライト級/5分3R>
ダニー・カスティーリョ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ポール・サス(英国)

右フックを振り前に出たサスに対し、ダブルレッグを仕掛けたカスティーリョ。ジャンピングギロチンから、三角絞めをセットアップしたサスだが、カスティーリョはスラムで叩きつける。引き続きヒールフックを仕掛けるサスに対し、パウンドで攻めるカスティーリョは腕十字も叩きつける。

ヒール狙いからトップを狙ったサス、カスティーリョはしっかりとスプロールしてトップをキープ。サスの三角狙いにパス、ヒール狙いには体を捩じって逃げてトップキープからエルボーを落す。残り1分、執拗にヒールを狙うサスの仕掛けを封じたカスティーリョが鉄槌を連打で落す。執拗な足関節狙いを防いだカスティーリョは、初回を取ったか。

2R、低い仕掛けでテイクダウンを奪ったカスティーリョがエルボーを落す。ケージに詰められたサスは、厳しい展開が続くが、ケージを蹴って腕十字へ。ここもスラムで切り抜けたカスティーリョは、インサイドからガードを落す。サスのクローズドガードにレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。直後にダブルレッグダイブを決めたカスティーリョが、再びトップをキープする。

エルボーを受け、仕掛けよりも頭を引きよせる場面が増えてきたサス。カスティーリョは鉄槌の連打でラウンドを締めた。最終回、思い切りフックを振るうサスは、続いて後ろ回し蹴りを見せる。右フックを打ち込んだカスティーリョは、息を整えるかのようにペースを落とす。しかし、サスがパンチを振るいながら前に出てくると、簡単にダブルレッグでテイクダウンを奪取する。

ケージ中央でトップからエルボーを落すカスティーリョ、サスはクローズドで顔面にパウンドを受ける状況を強いられる。サスはバタフライガードを潰された直後に腕十字を仕掛けるも、これを担がれてパスを許す。上四方、サイドでしっかりと固めたカスティーリョは、タイムアップ間際にエルボーを落してスタンドに戻り、試合終了のホーンを聞いた。結果、カスティーリョは文句なし3-0の判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Movie