この星の格闘技を追いかける

【PXC47】渡辺、パンチで攻めたがウエノヤマにスプリット判定で敗れる

Uenoyama vs Watanabe【写真】3R終盤以外は徹底的にテイクダウンも切っていた渡辺──勝っていてもおかしくない試合。EJ・カルボCEOはジャッジペイパーの確認を行ったほどだった(C)MMAPLANET

<フライ級/5分3R>
ダレン・ウエノヤマ(米国)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
渡辺健太郎(日本)

じりじりとプレッシャーをかけていくウエノヤマ。渡辺は細かくステップしてジャブを伸ばす。ウエノヤマは遠間からタックルを狙いつつ左ミドル、渡辺もジャブから距離を詰めてワンツーにつなげる。左ミドルと右ローのウエノヤマ、渡辺は右ストレートから左ボディにつなげる。

距離を取ってジャブを突く渡辺。ウエノヤマは左ミドル、左右のローと蹴りで試合を組み立てる。渡辺は細かいジャブからパンチをまとめて左ボディと顔面への左右のフック。ウエノヤマはタックルを狙うが、間合いが遠い。スタンドではウエノヤマが前蹴りと左ミドル、渡辺はボディを交えたパンチを見せる。

2R、ウエノヤマが左ミドルと前蹴り。これがローブローとなり、一度、試合が中断される。再開後、渡辺が飛び込むようなジャブ、ウエノヤマは「もっと打ってこい」と挑発する。左フックから前に出てテイクダウンも仕掛けるウエノヤマ。渡辺はペースを崩すことなく、しっかりと距離を取って左のリードブローから右ストレートにつなげる。

左ミドルとローを蹴って前に出るウエノヤマ。渡辺は右ストレートを見せて、そこからパンチをまとめるがクリーンヒットはない。左ミドルと右ハイキックを見せるウエノヤマ。渡辺はステップを使って距離を取り、パンチで飛び込むチャンスをうかがう。終盤、ダレンのシングルを切った渡辺がバックに回り込んでRNCを狙うチャンスを迎えるが、ラウンド終了となる。

3R、ウエノヤマが左ミドルと左ハイ、パンチを狙う渡辺に前蹴りと左ミドルを当てる。渡辺もボディと顔面にフックを狙い、右のスーパーマンパンチを見せる。右ストレートと左ボディの渡辺。ウエノヤマはパンチ主体の渡辺に左ミドルを蹴っていく。

お互いに距離を取る時間が長かったが、渡辺がパンチで突進。ウエノヤマがシングルで組みついて渡辺をテイクダウンし、この試合初めてウエノヤマがトップキープする展開となる。ウエノヤマはハーフガードでトップキープし、コツコツとパンチ。渡辺がフルガードに戻すも、ウエノヤマがインサイドガードで上になったまま試合終了のブザーが鳴った。

判定は2-1と割れ、ウエノヤマが勝利。ウエノヤマと接戦を演じた渡辺だったが、あと一歩及ばなかった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie