この星の格闘技を追いかける

【UFC MACAO】福田がUFC2勝目、オープニングマッチで判定勝利

2012.11.10

<第1試合 ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
Def.3-0:30-27、29-28、29-28
トム・デブラス(米国)

心配された中国人ファンの過剰なブーイングを受けることはなかった福田。試合はデブラスが遠い距離からローキックを入れて、間合いを計る。福田は右を伸ばしつつ、ダブルレッグダイブでテイクダウンに成功。ケージにデブラスを押し込んでパウンドを落とそうとする福田だが、デブラスは蹴り上げを見せる。

足を払いたい福田に、デブラスはパンチを受けながらも立ち上がる。福田を誘いこんで、右を見せるデブラスは、前蹴りに右を合せる。目に指が入ったというデブラスのアピールで、試合は一時中断もすぐに再開する。

福田はシングルレッグからデブラスをケージに押し込むが、すぐにスタンドの間合いへ。ローにパンチを合わされそうになる福田は、それでも果敢に前に出ていく。デブラスの左フックを受けた福田は、左ミドルを見せる。思った以上に近い距離で戦う両者、蹴りまで見せたデブラスだったが、福田は残り30秒で2度目のテイクダウンを奪いボディから顔面にパンチを落とし初回を戦い終えた。

2R、前に出た福田にデブラスの左がヒット。そのまま距離を詰めた福田が、ケージ際で組みつき、ヒザ蹴りを繰り出す。距離を取ったデブラス。福田は左前蹴りを見せるも、なかなか思ったようにパンチは入れられない。蹴りの方が当たる福田は、右目の下をやや腫らしながらも組みついた。

再び首相撲からヒザを見せ、距離を取ったデブラスを福田が追いかける。デブラスの右をブロックし、右を返した福田は、左から距離を詰めて連打を繰り出す。デブラスは一瞬、頭を下げる。横蹴りを見せるデブラスは、やや疲れが見える。ケージ際の組みで、デブラスを削った福田は、右フックをヒットさせる。パンチの手数でも上回り始めた福田は、残り1分を切ってケージ際で首相撲からヒザ蹴り、さらにダーティボクシングへ。残り10秒、左ストレートから右フックを打ち込んだ福田が、このラウンドを取ったか。

最終回、デブラスは前蹴りから組みつくが、すぐに距離を取る。前に出た福田は、ダーティボクシング、離れては左ストレートを放つとテイクダウンへ。インサイドからコツコツとパウンドを落とす福田。「どんな形でも勝つ」という自らの言葉を実践している。足を一本抜いた福田は、左のパウンドへ。足を戻したデブラスだが、思ったようにガードから仕掛けができない。

立ち上がった福田は、パウンドから再びハーフへ。デブラスがクローズドガードに戻すと、腕十字を引抜いてパウンドを続ける。右のパウンドを効かせた福田だが、レフェリーは残り70秒でブレイクを命じる。スタンドでも左ハイを蹴り込むなど、優勢に試合を進める福田は、残り45秒でケージにデブラスを押し込み、離れ際に左ストレートを放っていく。

両差しからのテイクダウンは成らなかった福田だが、残り時間がなくなるまでパンチを打ち続け、試合終了とともに両手を高く掲げた。結果、ジャッジ3者とも福田を支持し、UFC戦績を2勝2敗に戻した。

PR
PR

関連記事

Movie