この星の格闘技を追いかける

朴光哲が戴冠、青木、上田は再起の一歩 OFC06結果

【写真】7月の復帰から2戦目でOFCタイトルを奪取した朴光哲、セコンドを務めた田村一聖の表情からも如何にタフな試合での勝利だったかがうかがえる (C) MMAPLANET

2012年10月6日(土・現地時間)、シンガポール・インドアスタジムでは、ONE FC06「Rise of Kings」が開催された。

メインイベントでは、今年4月、Bellator66におけるエディ・アルバレス戦以来の試合となる青木真也が、マレーシア在住のフランス人ファイター=アルナウド・ルポンと対戦した。開始早々、ダブルレッグを決めると、マウントからパウンド&エルボーを落とし、そのまま腕十字狙いからの三角絞めで快勝した青木。試合後は、セミで同門&同階級のゾロが朴に敗れたことを受け、「アイ・ウォント・トゥ・タイトルショット。イヴォルブ、カムバック・スーン」と叫んだ。

そのセミファイナル=OFCライト級王座決定戦では、イヴォルブMMAのソロパベル・“ゾロ”・モレイラと朴光哲が激突し、3R、朴がフックの連打からアッパーを叩き込み、下馬評を覆すTKO勝利。ゾロのローを幾度も被弾する苦しい展開が続いたが、自らの拳で逆境を打開してみせた。

また、同バンタム級王座決定戦では、キム・スーチョルがレアンドロ・イッサの組み技を凌ぐと2R15秒で、逆転のTKO勝利を挙げ、バンタム級GP準々決勝では、ベラトールFCで苦渋を舐めた上田将勝が判定でソン・ミンジュンを破るも、ミドル級戦に出場した川村亮はメルヴィン・マヌーフの拳の前にKO負けを喫した。

第9試合 ライト級/5分3R
○青木真也
(日本)
1R1分25秒
三角絞め
詳細はコチラ
アルナウド・ルポン×
(フランス)
第8試合 OFCライト級選手権試合
○朴光哲
(日本)
3R1分2秒
TKO
詳細はコチラ
ソロパベル・“ゾロ”・モレイラ×
(ブラジル)
第7試合 OFCバンタム級選手権試合
○キム・スーチョル
(韓国)
2R0分15秒
TKO
詳細はコチラ
レアンドロ・イッサ×
(ブラジル)
第6試合 ミドル級/5分3R
○メルビン・マヌーフ
(オランダ)
1R4分40秒
KO
詳細はコチラ
川村亮×
(日本)
第5試合 バンタム級GP準々決勝/5分3R
○ジェンズ・パルバー
(米国)
3R
判定
詳細はコチラ
ヂァオ・ヤンフェイ×
(中国)
第4試合 バンタム級GP準々決勝/5分3R
○上田将勝
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ソン・ミンジュン×
(韓国)
第3試合 バンタムGP準々決勝/5分3R
○ケビン・ベリンゴン
(フィリピン)
1R3分18秒
TKO
詳細はコチラ
ユサップ・サーデュラエフ×
(ロシア)
第2試合 フライ級/5分3R
○ジャニ・スッバ
(マレーシア)
1R0分33秒
TKO
詳細はコチラ
ブルース・ロウ×
(シンガポール)
第1試合 フェザー級/5分3R
○ミッチ・チルソン
(米国)
2R1分5秒
TKO
詳細はコチラ
ヌガビディ・ムラディ×
(インドネシア)
PR
PR

関連記事

Movie