この星の格闘技を追いかける

【UFC Fuel05】ハーディが中盤以降の巻き返しでサダローに競り勝つ

2012.09.30

<ウェルター級/5分3R>
ダン・ハーディ(英国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
アミール・サダロー(米国)

距離を詰めたのはサダロー、右ストレートから左ローを放っていく。続けてワンツーをガードの上から打ち込むサダロー、ハーディは左から右を伸ばす。サダローは上中下と蹴りを使い分け、右ストレートをヒットさせる。さらに右フックを打ち込むサダローに対し、ハーディも右を返していく。

左ジャブを打ち込んだサダローは、右ストレートも続けて放っていく。スピードで上回るサダローは、残り2分を切って組みついていく。腰をコントロールし、ヒザを入れるサダローに対し、体を入れ替えたハーディがケージ際でエルボーを見せる。両差しからワキを差し変えられたハーディが距離を取ると、短い距離でサダローが打ち合いを挑む。組みの状態から同体でマットに倒れ込んで、両者同時に立ち上がったところで1Rが終了したが、ここはサダローのラウンドとなったか。

2R、サダローの左に左を合せようとするハーディが、左ハイから左ストレート、右、そして右ローと先手を取る。ハーディは右ボディストレートを繰り出し、右ストレートを顔面にヒットさせる。と、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったハーディは、サダローが立ち上がるとケージレスリングの攻防が続く。左エルボーを入れたハーディだが、サダローも左ストレートをクリーンヒットさせる。

ローに右を合せたハーディが前に出るが、サダローも負け時と前へ。気持ちが前がかりになったとこで、足下をすくわれテイクダウンを許したサダロー。ハーディが顔面にエルボーを落していく。残り10秒、エルボーを連打したハーディがラウンドを取り返した。

勝負の最終回、左ローから左を伸ばすハーディ。左ミドル、左ハイと初回のように蹴り技を見せるサダローはハーディが組みついてきても、ケージを背にしながら外掛けで逆にテイクダウンを奪いかける。

今度はハーディがケージを背にして耐えると、打撃戦の距離へ。ここでサダローは右目尻の周囲をカット、左ハイキックに右フックを合わされ尻餅を着く。すぐに立ち上がったサダローだが、ハーディが距離を詰めてここでもテイクダウンを許してしまう。

流血が多くなったサダローに容赦なくエルボーを落すハーディは、ケージ際でパウンドを連打して追い込んでいく。立ち上がったサダローに左フックを打ち込み、すぐにケージに押し込むなど、最終ラウンドも攻勢が目立ったハーディが3-0で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Movie