この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】吉田善行 「大晦日?  特にない。ケージでDEEPのタイトル戦──それだけ」

Zenko Yoshida【写真】タイタンFCについては、コミッションに提訴中ということで多くを語らなった吉田はJ-MMA的なトピックス、大晦日は重要視していなかった (C)TAKUMI NAKAMURA

6日(木)東京都新宿区のDEEP東京事務所で「ファイティングロードpresents DEEP DREAM IMPACT2014~大晦日Special~」の対戦カード発表記者会見が行われ、DEEPライト級タイトルマッチ、王者・北岡悟VS挑戦者・吉田善行が発表された。会見に引き続き行われた囲み取材の模様をお伝えしたい。

記者会見中、緊張感を漂わせていた北岡とは対照的だった吉田。会見後の囲み取材のコメントでも、大晦日に戦うことを過剰に意識せず、DEEPのタイトルマッチに勝つことについて淡々と語った。なお、10月31日にTitan FCで組まれていたが、王者マイク・リッチの体重超過で吉田が対戦を拒否、契約打ち切りとなった件については、「コミッションに提訴中」ということで、これ以上の言及はなかった。

――10月31日、タイタンFC 31前から、北岡戦の打診があったのですか。

「ちょっとそういう話はありました」

――先ほどは準備期間が欲しかったというコメントもありましたが……。

「試合はなかったんですけど、体重も155ポンドまで落としていました。そういう面も含めて(Titan FCで)試合をして、ここ(大晦日)に照準を絞りたかったという感じです。今年は3月に岩瀬(茂俊)選手とかしかやっていないし、いきなり(大晦日に)王座戦だと試合間隔が空いてしまうので、そういう面でもタイタンFCで試合をやりたかったという気持ちはあります」

――試合はどのようになるとイメージしていますか。

「具体的にはイメージしてないですけど、向こうは組みの選手だと思うので、そういう展開になると思います」

――大晦日に戦うことに特別な意識はありますか。

「特にないですけど、大晦日だからとかじゃなくて、ケージでDEEPのタイトルマッチが出来るんで、それだけですね。特に大晦日だからというのはないです」

――ケージでの試合経験は吉田選手の方が勝っています。

「まだ北岡選手のパンクラスの試合を見てないので、どうなのか分からないですけど、僕はずっとケージでやっているんで、その辺のアドバンテージはあるかなと思います」

――今年5月で40歳になりましたが、まだまだ伸びている手応えはありますか。

「ちょっとおっさんですけど、練習していると動きがいいなと感じます」

――DEEPのタイトル戦も含めて、今後の展望としてどのようなことを考えていますか。

「理想はアメリカでタイトルを獲って、DEEPでタイトルを獲って、みたいな流れが一番良かったんですけど、なくなったものはしょうがないんで。普通にしっかり大晦日にDEEPのタイトルを獲ってからですね。その先のことは考えていないです」

――これまで北岡選手の練習したことはありますか。

「まだ吉田道場が戸越にある時に一回だけ練習しました。戦極の時は足・首を極めるイメージだったけど、DEEPでは判定で勝つようになって。技術が落ちたということではなく、相手をコントロールして勝ちたいのかなって感じがします。今、植松(直哉)さんにコーチについてもらっているんですけど、その辺の話もしっかりして、パンクラスの映像もしっかり見て、研究してやりたいと思います」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie